ネイルの資格は難しい?取得ルートを解明

「ネイルが好きだから、セルフネイルが上手くなるようにネイルの資格が取りたいなぁ」
「ネイルの資格を取って、ネイリストになりたいなぁ」

ネイルが好きなら、資格をとって仕事にするのもいいですよね。
でも資格ってどんなものか、どのようにとるのかわからないことが多いです。

そこで今回は、ネイルの資格検定のモデルをした経験がある私紅葉ママが、関係者各位から情報を集めてきました。

ネイルの資格を取りたい方、
興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください!

この記事の目次[見る!]

※目次の詳細を[表示]※

ネイルの資格の取り方は?取得ルートを解明

ネイルと同じ美容関連のお仕事には、
・美容師 さん
・アイリスト(マツゲカールやエクステを施術する)さん
が居ますが、これらの職業は国家資格が必要なんですね。

ですがネイル関しては、国家資格や免許などがありません。

そのため、異業種の仕事をしていても、ネイルの資格を取得できれば、転職がしやすい業界でもあるんですね。
しかし国家資格や免許がない分、国の定めたネイルの資格を取るための学校というのがありません。
ネイルの知識や技術を学ぶための学校、金額、実際に働きたいと思った時の明確な基準も設けられていません。

転職はしやすい一方で、その一歩を踏み出すことに躊躇してしまう方もいるのではないでしょうか。

では、ネイルの資格を取るには?

ここでは、ネイルの資格の取り方のルートをご紹介したいと思います。

主に、以下の2つの方法があります

1.専門学校やネイルスクール
2.通信講座
3.ネイルサロンで働いて資格をとる

各々のルートについて、簡単に紹介していきます。

ルート1.専門学校やネイルスクール

専門学校やネイルスクールには、いくつか分類があります。

(1)ネイル専門学校

ネイル専門学校は、一つの学校でネイルのみ、またはネイルを中心に学べます。
いわゆるネイルスクールと呼ばれる学校です。

<ネイル専門学校の特徴>

・入試もなく、入学時期が決まっていないので、希望すればいつでも入学ができる
・フリータイム制であったり、授業のカリキュラムを自分の生活スタイルで決めて通学ができる
(子育てや仕事をしながら通える)
・少人数制やマンツーマン授業があるので、わからないところがあっても教えてもらいやすい
・学びにくる年齢層が幅広い

<ネイル専門学校の平均的な料金相場>

40万~100万円前後(選ぶスクールやコースによって異なります)

(2)理美容専門学校のネイル専攻学科

理美容専門学校は、一つの学校で美容関連の学科がいくつかあります。
美容、理容、メイク、エステ、ブライダルなど。
美容専門学校と呼ばれます。

<理美容専門学校の特徴>

・入試があり、入学の時期も決まっている
・コースによっては、ネイル以外の美容関連の知識、技術が習得できる
・就職のサポートがネイルスクールより充実している
・学びにくる年齢層が、高卒の18歳から20代が多い

<理美容専門学校の平均的な料金相場>

100万〜200万円前後(選ぶ学校やコースによって異なります)

おすすめはネイル専門学校

ネイルを極めたい場合、(1)のネイルスクールがオススメできそうです。

そして、上記2つの学校の中にも違いがあります。
それは

「JNA認定校か」
「JNA認定校でないか」

です。

これから資格を取りたいと考えている方には、JNAはあまりなじみがないかもしれませんね。

JNAとは
NPO法人日本ネイリスト協会(JAPAN NAILIST ASSOCIATION) 
の略です。

この協会ではネイリスト育成のために、
・施設(学校)
・カリキュラム
・教育者(先生)
・学則など
を定めています。

この協会の規定や厳正なる審査を経て認定されたスクールや専門校が『JNA認定校』となるわけです。

JNA認定校に通うことのメリット

ジェルネイル初級検定試験をスクールで受けられる

本来、公式的に行われる検定試験は、

・JNAの主宰で
・年に2回
・会場も大規模で都市部に限られ、受験する人が一つの会場に大勢集まる
・実技と筆記試験がある

と、受験できる機会も少ないし、受験者が多くて緊張するのです。

ですがJNA認定校では、学校ででジェルネイル初級検定試験を受けられるのです。
回数も頻繁にあるようです。

短期で資格取得を目指す人には嬉しいメリットですね。
ただし筆記試験が自校で無い場合、年2回の公式会場にて受けに行くスクールもあるようです。
こちらについては、入学前に確認したほうがいいですね。

ジェルネイル中級検定や上級検定も実技試験がスクールで受験可能

中級検定や上級検定も実技に関しては、スクールで受験できます。
普段と同じ環境で試験を受けられるのは良い点ですね。

ただし、スクールによって受験可能な条件が異なってきます。
通いたいスクールを見つけたら、よく確認してみてください。

JNA認定校は、学費が高めのようです。
しかし短期で資格を取得して、信頼されるネイリストになりたい場合、視野に入れておくべきですね。

2.通信講座

ネイル通信講座もたくさんあります。
気になるネイルの通信講座の資料請求から始めます。

ネイル通信講座の共通した特徴

・受講コースを申し込み、自宅に教材やネイル道具が届く
・基本的に自宅で、自分のペースで学べる
・DVDなどを見ながら技術を習得できる

選ぶネイル通信講座によって異なる特徴

・検定合格保証制度がある(試験に合格するまで受講料の追加料金なし)
・追加料金を支払うと単発でスクーリング(通学)で授業を受けられる
・JNA認定校がある
・Skype(スカイプ)、専用サイトなどのオンラインでサポートを受けられる

ネイル通信講座の平均的な料金相場

10万前後〜50万前後
(受講コースによって幅があります)

専門学校やネイルスクールよりも安いですが、直接指導を受けることができないのがデメリットです。

本人のやる気が非常に重要だといえます。

未経験のネイルサロンで働いて資格をとるルートもあり

上記のスクールや通信講座以外でも、ネイルの資格を取得する方法があります。
それは「未経験OKのネイルサロンで働きながら、技術を学び資格を取る」方法です。

私の友人がそうでした。
サロンの中で月に1度、スキルアップの技術テストがあって、毎月50人近くのモデルを集めて練習していたそうです。
その結果、彼女は検定試験を受けてネイルの資格を取得しました。

またネイルサロンでアシスタントアルバイトから始めた友人もいました。
こちらも未経験からネイルサロンでアシスタントとして働くケースです
空き時間などにネイリストさんに技術的なことを教えてもらいながら資格取得を目指すのです。

お給料も頂きつつ、ネイルの資格取得のための勉強ができるのは、魅力的ですね。

ネイルの資格の種類は様々

ここまでネイルの資格試験と一言にいっていましたが、ネイルの資格の種類はたくさんあります。
ここでは、そんな資格の種類と、どんなことが求められてくるのかなどを簡単にまとめてみます。

JNEC(Japan Nailist Examination Center)公益法人 日本ネイリスト検定試験センターの資格

*ネイリスト技能検定3級

ネイリストを目指す人が、一番初めに受けるべき試験です。

資格取得条件は、義務教育課程を終えた人なら誰でも受験可能です。

ネイルケア、ネイルアートの初歩的な技能・基礎知識を求められます。

ネイリスト技能検定3級の実技試験の内容

・ネイルケア
・カラーリング
・ネイルアート

ネイリスト技能検定3級の筆記試験の内容

・衛生と消毒
・爪の構造
・爪の病気とトラブル
・d ネイルケアの手順など

ネイルの基礎知識を正しく覚えることが大切なんですね。

*ネイリスト技能検定2級

ネイリスト技能検定2級の受験条件は、ネイリスト技能検定3級の合格です。

サロンワークで通用する、ネイルケア・リペア・チップ&ラップ・アートに関する技術と知識が求められます。

ネイリスト技能検定2級の実技試験の内容

・ポリッシュオフ
・ファイリング(ラウンド)
・ネイルケア
・チップラップ
・カラーリング
・ネイルアート

ネイリスト技能検定2級の筆記試験の内容

・爪の構造
・病気
・消毒管理
・チップラップの手順など

時間内に仕上がれば良いのではなく、試験内容に工程審査というのもあります。

*ネイリスト技能検定1級

ネイリスト技能検定1級の受験資格は、ネイリスト技能検定2級の合格です。

合格率は2017年秋までの累計で30%台です。
とても難しいのがわかります。

求められることは、”トップレベルのネイリストに必要なイクステンション等の総合的な技術及び知識”です。

合格ができれば、「トップネイリストとして認められた」と言っても良さそうです。

ネイリスト技能検定1級の実技試験の内容

・アクリルスカルプチュア
・チップオーバーレイ
・プレスオンチップ&ミックスメディアアート

ネイリスト技能検定1級の筆記試験の内容

・爪の構造
・病気
・消毒管理
・アクリルスカルプチュアの手順など

実技の試験時間が3級や2級に比べて、150分と長いです。
試験内容が多いのと難易度が一気にあがるからなのかと思います。

試験内容に対しての時間配分にも気をつけなければいけないですね。

また、どんなことがあっても対処できる力や長時間の緊張感と戦う集中力も試されそうです。

JNA(日本ネイリスト協会)の資格

ここからは、「ジェルネイル」に特化した資格になってきます。
ネイルサロンでジェルネイルがメニューにないサロンは、ほとんどと言ってありません。

*JNAジェルネイル技能検定初級

資格取得条件は、義務教育課程を終えた人なら誰でも受験可能です。

求められることは、ジェルネイルの基礎的な技術と知識です。

JNAジェルネイル技能検定初級の実技試験の内容

第1課題

・ネイルケア

第2課題

・ポリッシュカラーリング
・ジェルカラーリング
・ピーコック柄のジェルアート

JNAジェルネイル技能検定初級の筆記試験の内容

ネイルの基礎知識
ジェルネイルの基礎知識

ネイリスト技能検定の3級以上を取得している人の場合、第1課題が免除されます。

ジェルネイルの基礎から学べる資格ですが、まだサロンワークをするまでは難しそうです。
しかし、3級でも取得していた方が働ける可能性はありそうです。

*JNAジェルネイル技能検定中級

資格取得条件は、JNAジェルネイル技能検定初級を合格した人です。

サロンワークで通用するネイルケアカラー、またジェルネイルの幅広い技術を求められます。

JNAジェルネイル技能検定中級の実技試験の内容

第1課題
ネイルケア( ポリッシュカラーリング)
ジェルカラーリング
など

第2課題
ポリッシュオフ
ジェルオフ
ジェルイスクテンション
ジェルグラデーション
フレンチジェルネイル
など

JNAジェルネイル技能検定中級の筆記試験の内容

・衛生と消毒について
・爪の構造(皮膚科学)
・爪の病気とトラブル(爪の生理解剖学)
・ネイルケアとジェルネイルの手順
・その他、実践的な施術全般
・プロフェッショナリズムなど

こちらも、ネイリスト技能検定2級以上を取得している場合、第1課題が免除されます。

初級試験よりも試験内容が多いですし、求められる技術もレベルが高くなっていきます。
合格できれば、ネイルサロンで一通りの技術を持って、働くことができるのではないかなと思います。
求人情報を見ると、このJNAジェルネイル技能検定中級資格保持者と記載されているサロンもあります。

*JNAジェルネイル技能検定上級

資格取得条件は、JNAジェルネイル技能検定中級を合格した人です。

求められるレベルは、ジェルネイルのスペシャリストとして、総合的なジェルネイルの技術と知識があることです。

JNAジェルネイル技能検定上級の実技試験の内容

・ジェルクリアスカルプチュア
・ジェルチップオーバーレイ
・ジェルフレンチ
・テーマに沿ったアート

紹介してきたように、飛び級はできません。

JNEC、JNAどちらかの資格があれば働ける?

JNEC、JNAどちらかの資格があるからサロンで働けると言ったら、そんなこともないのが現実です。

例えば「ネイリスト技能検定1級を持っています」とサロンへ面接したとします。
でも、「ジェルネイルの正しい知識や技術を持っていて、正しい施術をできる」証明はできませんね。

先述したように、ジェルネイルを扱っていないネイルサロンはほとんどありませんので、両方の資格を取れるとベストかなと思います。

また、これらの資格の賢い資格の取り方があるようです。

ネイリスト技能検定3級
赤矢印
ジェルネイル技能検定初級
赤矢印
ネイリスト技能検定2級
赤矢印
ジェルネイル技能検定中級

と言った順番で受験、資格取得していくと、ジェルネイルの第1課題が免除されます。

最短で資格を取りたい場合は、この取得方法がオススメです。

ネイルの資格取得はスクールと通信講座はどちらが良い?

ネイルの資格を取るには、ネイルスクールと通信講座はどちらが良いのでしょうか?
どちらにもメリットやデメリットがあります。
その人の状況によって、どちらが良いかそれもまた変わってきます。

その事を踏まえた上で、どちらが自分に合っているかを考えてみましょう。

*スクールのメリット・デメリット

メリット

・講師から直接教えてもらえる

正しい知識や技術が身につけられます。
悪いクセを指摘してもらったり、分からない事をすぐに教えてもらえるので解決できますね。

・自分の都合でスケジュールを組める

子育てしていても、仕事をしていても、自分の空いている時間で学ぶことが出来ます。

・同じ志を持った人達と学べる

目標が同じ仲間とモチベーションを上げることができますね!

・スチューデントサロンでサロンワークさながらに経験が積める

スクールに通う、ネイリストの卵を受け入れてくれるサロンがあるんですね。
格安でお客様に施術するんです。
練習もできますし、経験も積めるといった形です。

多くのネイルスクールでは、勉強の一部として取り入れてるようです。

他にも、スクールによって
・資格検定の合格保証制度がある
・JNA認定講師がいる
などがあるスクールは、メリットとしてあげられます。

デメリット

・費用が高い
講師の人件費などを考えるとやはり高めです。それと学校へ通うための交通費、揃えなければならない材料費や消耗品などもかかってくるでしょう。

高いですが、こう考えてみるといいかもしれません。

・確実に技術を自分のものにできる
・将来手に職をつけられる
・ネイリストになるため、未来への自分への投資

と考えたらただ単に高い訳ではないと思えるのでないでしょうか?

スクールを選んだ方が良さそうな人

・予算や時間を費やせる人
・確実に正しいネイルの技術を身に付けたい人
・資格を取得できたら、すぐにでもネイリストとして働きたいと思う人
・一人ではなかなか進められない人

*通信講座のメリット・デメリット

メリット

・自分のペースで自宅で受講できる

仕事が終わって帰宅してから、家事や子育ての合間にテキストを開いてみたり、DVDを見返してみたり。
とにかくマイペースにネイルの勉強が出来ます。ペースを上げられたら、資格取得までに数ヶ月で取得する人も居ます。

分からないことがあれば電話やオンラインシステムでのサポートがあると心強いですね。

・費用がリーズナブル!

1級や上級資格全てを取りたい場合、スクールでは100万円を超えるスクールもある中で
費用が教材費込みで約半分ほどに抑えられる通信講座もあります。

お金に余裕がない人にはとっても嬉しいですね。

デメリット

・直接、講師に教えてもらうことが出来ない

ネイルの基礎や簡単な技術面は、テキストやDVDで受講しても十分です。
しかし、ネイルの技術が上がっていくにつれて、複雑になって難易度もアップします。
直接教えてもらえるのとそうでない場合、技術面に差が生じてしまう場合があります。

・1級や上級試験の合格が厳しい

対応コースはありますが、合格保証が2級までがほとんどです。

1級や上級資格に関しては、合格率の割合がスクールに通っている人のようです。
そのため、1級や上級資格を取る時だけは、スクールに通う人もいるようです。

本当難しい技術を習得するためには、通信講座のみの受講は難しいようです。

・一人で進めるのでモチベーションの維持が難しい

ネイルサロンで働いている友人は、ネイルの勉強でモチベーションを保つことはとても重要と教えてくれました。

講師や仲間がいないので、誰かと刺激し合ったり、触発されて頑張ろうと思う機会がないため、モチベーションが下がる傾向があるようです。

それでも黙々と一人で集中できる人には向いていると言えます。

スクールを選んだ方が良さそうな人

・通学する時間がもったいない人
・通える距離にスクールがない人
・自分のペースで一人でも頑張れる人
・お金はかけられないけど、スクールで学ぶのと同等くらいに技術を磨くことに努力できる人

自分に合ったスクールや通信講座ってどう選べばいい?失敗しない選び方

スクールや通信講座は、

・とにかく有名校だから
・評判の通信講座だから

という理由だけで選んではいけません。

そこが自分に合っているとは限らないからです。

失敗しないためのポイントとしては

(1)ネイルスクール、通信講座のパンフレットや資料請求をする

(2)料金や授業体制、認定講師の人数、カリキュラム、練習環境、就職サポートなど、とにかく比較する

(3)興味のあるスクールがあればピックアップして、体験授業や見学などに行ってみる

(4)通信講座の場合は電話で問い合わせをしてみる

が大切です。

スクールや通信講座が決まったら自分のなりたい目標で受講コースを選ぼう

自分に合うスクールや通信講座を選んだら、コース選びも重要になります。
ネイルの資格を取ってどこまでになりたいかも人それぞれです。

・セルフネイルを上達させたい趣味レベルなら

→JNECネイル技術検定3級/JNAジェルネイル技能検定初級の含まれているコース

・ネイルサロンで働けるレベルなら

→JNECネイル技術検定2級/JNAジェルネイル技能検定中級の含まれているコース

・高度なプロフェッショナルになれるレベルなら

→全ての資格に対応しているコース

申し込みしたのはいいけど、「ここまでのレベルは考えていなかった」とならないように注意しましょうね。

ネイル資格取得の勉強のコツ

ネイルの資格を取得した友人に資格を取得するためのコツを教えてもらいました。

*ネイルの基本を大切に

講師が教てくれていることは基本中の基本です。
自分がやりやすいと思って自己流にすると、資格試験の時に自分のクセが出て、基本ができていないと判断されます

しっかりと基本を身につけましょう。

*練習あるのみ!

とにかく実技の練習あるのみ!たくさん練習したらそれだけ上達します。
初めは丁寧に慎重に施術をします。

その技術や施術の順番など、頭で考えなくても自然に手が動かせるようになるまで、いろんな人の手を借りて練習することが大切です。

ネイルはセンスも問われますが、センスを身に付けるのは基本の技術が身に付いてからでも遅くありません。

*ネイリストさんの技術を自分のものにする

好きなネイリストさんのデモンストレーションを見たり、上手な先輩、講師の施術をよく見て技術を自分のものにするのも検定試験対策のコツです。
上手なのは当たり前ですが、自分もこんな風にできるまでになろうという目標が持てます。

ネイルの仕事は技術だけで成り立つものではない

こちらも、ネイリストの友人から聞いた、実際にネイリストとして仕事に就いた時の現実的なことを紹介します。

ネイリスト経験を積んでも基本は大事

資格を取得して、何年もネイリストをしていても常に試行錯誤です。
お客様の爪の形は十人十色なので、一つのやり方で対応できるとは限りません。

ネイリストになってからも場数をこなしなさいとよく言われます。

技術的なことやネイルアートのテクニックなどは、テキストや講師などのデモを見て、真似て・・・
それは誰にでもできるんです。

大事なことは、技術云々の前に

・道具の正しい持ち方
・道具の正しい使い方
・施術の手順
・お客様の手の支え方
・気配りや目配りの配慮

ができることです。

いくら技術が上がっても、これらができていないとクレームをもらったり、自分のファンになってもらえずに再来もありません。

また、これらが当たり前にできるようになると、お客様の爪の形や状態をみて「こう対処しよう」ということも自然にできるようになってくるんです。

技術を磨いていくのも大事ですが、常に基本は忘れてはいけないと思います。

お客様の希望を会話から引き出す接客は大変

お客様との会話の中で、

・ライフスタイル
・職業(手を酷使するのかそうでないのか)
・色の好み、質感など

常にアンテナを張り巡らせながら、受け取ることが大事です。

細かい作業をしながら、お客様の好みのデザインを敏感に察知できるように会話で引き出していきます。
「そうそう、こんなのがいい!」なんて言われると嬉しいです。

それが実際にお客様のネイルで表現できた時もまたやりがいを感じます。

施したネイルが1ヵ月経過しても、ストレスなく生活できるように提供してあげたいなと思って頑張っています。

まとめ

いかがでしたか?
ネイルの資格取得のために、一歩を踏み出せそうですか?

どんなネイルの資格取得のための勉強方法でも、大切なのはあなたのやる気次第!練習次第です。

ぜひ、自分に合ったネイルの勉強方法を見つけて、ネイルの資格取得して、素敵なネイリストになってくださいね!

 

 

 

他にも知りたいことがあったら検索してね!

 

CLOSE
▶ 閉じる
目次
▶ 閉じる
目次