第七回:年収201万円とその先の壁-パートの税金

女性 給料

【保存版】パートの税金について・意外と多い収入が減る8つの壁とは:第七回

こんにちは須永朋美です。

前回は、年収150万円の壁についてお伝えしました。
今回は年収201万円、さらにその先の壁についてお伝えします。

年収201万円の壁

【画像】年収201万円の壁

妻の年収が150万円をこえると、夫側の配偶者控除が減額されます。

そして妻の年収が201万円でゼロになるのです。

配偶者特別控除がゼロになる

合計所得が85万円(年収150万円)から123万円(年収201万円)にかけて、夫の配偶者特別控除が段階的に減額されます。

次の表は夫の年収が900万円以下の場合で、1000万円をこえる場合は支給対象外となります。

配偶者特別控除額
配偶者の合計所得金額住民税の控除額所得税の控除額
85万円超90万円以下33万円36万円
90万円超95万円以下31万円31万円
95万円超100万円以下26万円26万円
100万円超105万円以下21万円21万円
105万円超110万円以下16万円16万円
110万円超115万円以下11万円11万円
115万円超120万円以下6万円6万円
120万円超123万円以下3万円3万円

ゼロか満額かと考えると、所得税と住民税を合わせて約70万円の差となり非常に大きな金額です。

ですが次の段階との差は10万円程度。減税額は2万程度です。

働く時間を調整するか、稼げるだけ稼げるか悩むところですが、一か月にすると1600円なので、個人的には稼げるだけ稼いだ方がいいと思います。

その先の壁

【画像】その先の壁

実際のところ、パートの時給で年収201万以上の収入をえるには、高時給でフルタイムで働かないと難しいでしょう。

そのため、ここからは参考程度の紹介になります。

所得税が5%から10%に上がる

所得税は累進課税という方法で、税率計算されています。
累進課税は、所得が上がると税率が上がる仕組みです。

給与所得控除や生命保険控除後の課税所得金額が、195万円をこえると、所得税率が5%から10%に上がるのです。
なんと税率が2倍になるんです。

ちなみに課税所得195万円は、給与収入のみで、控除が基礎控除のみの場合、年収は約359万円です。
パートだと厳しいですね・・・

【画像】所得税率が2倍

こうしてみると課税所得が195万円をこえないようにするのが、かしこい働き方のように思えますがどうなのでしょうか?
実は税金計算後に、一定金額を控除することができ、これが税率の上昇をゆるやかにしています。

課税所得金額税率控除額
195万円以下5%0円
195万円を超え 330万円以下10%97,500円
330万円を超え 695万円以下20%427,500円
695万円を超え 900万円以下23%636,000円
695万円を超え 900万円以下23%636,000円
900万円を超え 1,800万円以下33%1,536,000円
1,800万円を超え4,000万円以下40%2,796,000円
4,000万円超45%4,796,000円

所得税の税率|国税庁

195万円を超え330万円以下の時の、実際の税額を計算してみると・・・

課税される所得金額税額(10%)97,500円を控除後の金額実質税率
196万円19.6万円9.85万円5.025%
250万円25万円15.25万円6.1%
330万円33万円23.25万円7.045%

控除後の実質的な税率は、5%,6%,7%とゆるやかに上がっていくのです。

330万円をこえると、税率が20%になりますが・・・

課税される所得金額税額(20%)427,500円を控除後の金額実質税率
331万円66.2万円23.5万円7.099%
360万円72万円29.3万円8.138%

7%,8%と、実際には急激な増税には、なっていないのです。
パートでこの金額まで稼ぐのは難しいですが、もし可能なら稼げるだけ稼ぐのがおすすめです。

【保存版】パートの税金について・意外と多い収入が減る8つの壁とは【目次

次は第八回:パートでどこまで稼ぐのが得なのか

 

 

 

他にも知りたいことがあったら検索してね!

 

CLOSE
▶ 閉じる
目次
▶ 閉じる
目次