5つの意識改革でお金を貯めよう

あなたがお金について、どんなことを意識していますか?

「お給料が入った=お金が増えた」
「買い物をした=お金が減った」

という意識だけではないでしょうか。

ただ漠然と使っているだけでは、いつまでたってもお金を貯めることができません。

入った出ただけでなく、もっと多くのことを意識することが大切なんです。

そこで今回は、お金を貯めるための「5つの意識」についてご紹介します。

1.お金を貯めるコツはお金の動きを把握するよう意識する
2.お金を確実に貯めるために余ったら貯金という発想を捨てる
3.お金を貯める目的を明確に意識する
4.お金の管理の仕方を工夫することを常に意識する
5.お金を貯める秘訣を意識する

5つの意識改革することで、お金を確実に貯めていくことができますよ。

1.お金を貯めるコツはお金の動きを把握するよう意識する

お金動き

お金を貯めるコツは、お金の動きを意識することです。
では、お金の動きを意識するとは具体的にはどんなことなのか、もう少し詳しくご紹介していきます。

自分という会社の経営者になろう

お金の動きを意識するには、自分という会社の経営者になる必要があります。

会社勤めの人でも、会社全体の、収入が上回れば黒字になり、支払いが上回ると赤字になるという感覚は理解できると思います。

でも自分のお給料や生活に必要なお金に対しては、ここまでの意識を持っている人はほとんどいないと思います。

あなたが得ているお金や支払っているお金で、会社を運営していると想像してみてください。

あなたが動かしているお金が会社のお金だったとしたら…
いつどこからいくら入ってきて、いつどこにいくら支払わなければいけないのか、把握しておかなければ…
大変なことになりますよね

まずは自分という会社の経営者として、お金を管理することを意識してみましょう。

現在の収支を把握する

お金の管理で大切なことは、現在の収支を把握することです。
いくらの収入があり、いくらの支出があるのか、必要なのかを把握していなければ、お金が足りるのか足りないのかを判断することができませんね。

請求書が来たから財布から支払いをする、足りないときは銀行から下ろすという行動をしてしまうと、お金全体の動きを把握することができないんですね。
まずは、自分の収入と固定費(毎月ほぼ必要な支出額や毎月必要な食費など)を書き出して収支を把握しましょう。

収入を増やせる方法はあるかを考える

自分が作った収支表を見てみましょう。
収入と支出を比較して、収入よりも支出が多くなってしまう場合は、毎月赤字の状態です。
収入と支出がほぼ同じなら、生活にまったく余裕がないので貯蓄にまわすお金を確保できない状態です。

これ以上支出を減らすのが難しい人は、今よりも収入を増やす方法はあるかを考えてみましょう。
副業が禁止されている会社の場合は、副業以外の方法を考えてみてください。

このとき大切なことは、最初から「収入を増やすことはできない」という前提で考えないことです。
「収入を増やすためにできることってなんだろう?」という肯定的な気持ちで考えてみてくださいね。

支出を抑えられる方法を考える

どうしても収入を増やすのが難しいと判断した場合は、支出を抑える方法を考えてみましょう。
会社でいうところの「経費削減」ですね。

家賃などの固定費を減らすことは難しいので、他に減らせる項目について考えてみましょう。
たとえば携帯電話を格安スマホに変えてみるとか、自炊の回数を増やしてみるなどがありますね。

支出を抑えるために、自分ができそうなことをできるだけたくさん書き出してみましょう。

2.お金を確実に貯めるために余ったら貯金という発想を捨てる

お金貯金

お金を貯めるための意識改革その2は、「お金が余ったら貯金をするという発想を捨てる」ことです。

お金が余ったら貯金しようと考えても、お金って余らないですよね…。
仮に少し余裕があったとしても、その余裕に安心してお金を多めに使ってしまうから、お金って貯めるのが難しいんですね。

ではお金を貯めるためにはどんな行動が必要なのか、具体的な方法をいくつかご紹介します。

最初に貯蓄分のお金を確保してしまおう

お金を確実に貯めるためには、給与をもらったら時点で、貯蓄分のお金を引いてしまうのが基本です。
貯蓄分のお金を確保するためには以下のような方法があります。

財形貯蓄を利用する

会社で財形貯蓄 を利用できるという人は、財形貯蓄を利用してみましょう。
財形貯蓄とは、会社が給与から天引きをして金融機関に直接給与を振り込み、貯金ができるシステムのことをいいます。

自分で貯蓄用の口座に振り込むことができない、あるとつい使ってしまうという人におすすめの方法です。

貯蓄用の口座を作る

貯蓄用の口座を作るというのもおすすめです。
貯蓄用として口座を作って、そこに入れたお金は絶対に下ろさないと決めておくのです。

ただし、強い意思を持って絶対に下ろさないと決めておかないと、気が付いたら残高がゼロなんてことになってしまう可能性もあるので注意してくださいね。
お金をつい下ろしてしまうという人は、貯蓄用の口座を作る場合はキャッシュカードを作らないようにしておくことをおすすめします。

3.お金を貯める目的を明確に意識する

お金を貯めるための意識改革その3は、「お金を貯める目的を明確にする」ことです。

このときに大切なのは金額だけではなく、「いつまでに、何のために」という具体的な使い道も合わせて目標を立ててください。

たとえば、「100万円貯めるぞ!!」という目標を立てても、100万円貯めるのって難しいですね。

でも、「〇月にある同窓会で着ていくシャネルのスーツを買うために〇月までに20万円を絶対に貯める」という目標を立てると、頭の中はすでにシャネルのスーツを着ている自分がいるので、楽しくお金を貯めることができるんです。
むしろ、シャネルのスーツを買うために無駄遣いをしたくなくなりますよ。

私の場合、「好きなアーティストのコンサートに行くために10万円貯める」みたいなことから始めました。

今まではお財布にお金があると、特に必要でないものでも、あまり気にしないで買っていました。

ですが今は、「コンサートにできるだけ多くのお金を持っていきたい!」という意識が頭の中をよぎって、こんなところでお金を使うのはもったいないないという意識に変化したんです。

単純ですが、お金を貯める期限と目標を明確に意識すると、とても効果があるのでぜひ試してみてください。

4.お金の管理の仕方を工夫することを常に意識する

お金を貯めるための意識改革その4は、「お金の管理の仕方を工夫することを常に意識する」ことです。

生活する上でお金は必要不可欠ですが、お金を貯めるのが苦手な人はお金を管理することが苦手なんですね。
私も今まで、今年こそは家計簿をつけるぞ、と思っても、3日坊主でなかなか続かなかったんです。

そこで私が編み出したのがレシートで管理する「ずぼら家計簿」です。
その他にも、これを使えばお金が管理できるというものがありますので併せてご紹介します。

工夫1:クレジットカード払いを利用する

クレジットカードで払うと、お金を使っている感覚が麻痺しそうで怖いという人もいるかもしれませんね。
でも、クレジットカード払いにはいくつかの利点があるんです。

(1) 1か月分の明細が送られてくる
(2) ポイントがたまる

お金の管理は、「いつ」「何に」「いくら」使ったかを管理します。
クレジットカード払いにすれば、これらを一覧にしたものを、カード会社が勝手に送ってきてくれます。
自分で明細を作る必要がないんです。

ただし、クレジットカード払いをするときは注意点があります。
クレジットカードで支払いをするときは、支払いに使用している銀行口座の残高を把握しておきましょう。
残高不足になってしまうと、「支払いができなかった」なんてことにもなりかねませんので注意してくださいね。

クレジットカードのもうひとつのメリットは、カード払いにするとカード会社のポイントがたまることです。
ポイントは、現金に換金できるものもあります。
お金を使ってポイントを貯めると、それがさらにお金できる場合もあるので上手に利用してみましょう。

工夫2:使用目的ごとに封筒で管理をする

使用目的ごとに管理すると、管理する金額が減るのでお金の管理がしやすくなります。

やり方は、お給料をもらったらはじめに使用目的ごとに封筒に入れて、封筒ごとにお金を管理します。
この方法のメリットは、〇〇代・・・〇万円というざっくりしたお金の管理で済むことと、「〇〇代に関しては封筒の中のお金でやりくりをしよう」と意識するため、ムダ使い防止になることです。

必要なお金はあらかじめ確保されているので、給料日前にお金が足りないという状況を防ぐ効果もあります。

「何にいくら使ったのかがわからなくなってしまう」という人におすすめの方法です。

工夫3:レシートを利用して家計簿を作る

これは、私が実践している方法です。
最初の頃は買った商品を家計簿に転記して、財布の残金と合わせて…なんてことをやっていたんですね。
そのうち、家計簿とお金が合わなくなって、書くことも面倒になってやめてしまいました。

でも、レシートを使った家計簿は、今でも続いています。

生活に必要なお金を銀行から引き出したら、ノートにその金額を書きます。
そして買い物をしたり、支払いをしたら、レシートや領収書をペタペタ貼ります。

月の途中で合計を出して、財布の残高を合わせます。
多少の違いは誤差の範囲内ってことにして、ゆるゆるで管理しています。

これをやるだけでもお金の動きを意識できるようになって、無駄遣いが減りました。
「きっちりお金の管理をするのが苦手」という人におすすめの方法です。

工夫4:お金を貯めるアプリを利用する

今は、スマホを使っている人が増えましたね。
そこでおすすめなのが、スマホアプリを使ってお金を管理する方法です。

アプリの中には無料で使えるものや、銀行などを登録して口座と連携してお金の管理ができるものなどがあります。
お買い物や支払いをしたらアプリに入力すると、銀行の口座にあるお金も含めてアプリで一括管理をすることができます。

「入力することが苦痛じゃない人や、アプリを活用することに慣れている」という人におすすめです。

5.お金を貯める秘訣を意識する

お金を貯めるための意識改革その5は、「お金を貯める秘訣を意識する」ことです。

今までご紹介した内容は、「こんなのあたりまえだよね」ということだったり、「これができないから苦労しているんだけど」ということだったりしたかもしれません。
でも「お金を貯める秘訣を意識」して実践すれば、確実にお金って貯めることができるんですね。

ここでは、さらに効率的にお金を貯める秘訣についてご紹介します。

秘訣1:途中で引き出すことができない定期預金などを利用する

私のようにあると思うと、ついお金を使ってしまう人も多いと思います。
そういう人には、定期預金をすることをおすすめします。
定期預金の場合、預入期間が決められているので、預入期間中にお金をおろそうとすると解約手続きをしなければお金を自由に使うことができないですね。

定期預金は、一定額の期間、預入が保障される代わりに通常預金よりも金利が高く設定されています。
つまり、通常の口座に入金しておくよりも、定期預金のほうが金利分お金を多く増やすことができるというメリットがあるということです。

ですが、途中解約をしてしまうということは、金融機関との約束を破ることになってしまうんですね。
そのため、元本割れ(預けた金額以下のお金になってしまう)ことはありませんが、今までついていた利息分はゼロになってしまう可能性があるんです。
せっかく、金利分増やすことができていたのにゼロになってしまったらもったいないですよね。

定期預金の場合、途中解約は利息分を損してしまうだけではなく、手続きをしなければお金を自由に使うことができないので、通常預金よりも貯めたお金をおろさずにいられるんじゃないかなと思います。

秘訣2:高金利の金融商品を利用する

最近は、金利がかなり低いですよね。

定期預金でも0.01%とかですし、商品によっては0.001%なんていうものもあります。
とはいっても、投資なんて怖くてできないという人も多いと思うんですね。
でも、しっかり調べてみると銀行系の同じ定期預金でも利率が0.03%という銀行もあるんです。

いつも使っている銀行をなんとなく利用しているという人も多いと思いますが、金利を比較して高金利の金融商品を利用すると効率的にお金を増やすことができますよ。

秘訣3:「できる」か「できない」ではなく「やる」か「やらない」か

お金を貯めたいけど、貯金ができないという人って多いと思うんです。
でも、自分にとって本当に必要なお金であれば、貯められないなんて言っていられないですね。
きっと、どんな手段を使っても何とかしなければ…という意識になると思うんです。

お金を貯めるということは、実は「できる」か「できない」かではなくて、「やる」か「やらないか」なんですね。

まとめ

「お金が欲しい」「お金を貯めたい」というのは、誰もが願う願望ですよね。
でも、お金を上手に貯められる人となかなか貯められない人の唯一の違いは、「収入の差」ではなくて「意識の差」だと思うんです。
本気度の違いと言い換えることもできます。

お金を貯めたいと思っている人は、まずは自分の意識を変えることから始めてください。
自分の意識を変えると必ずお金を貯めることができます。
この記事を参考に意識を変えて、自分に合った方法を実践してみてくださいね。

 

 

 

他にも知りたいことがあったら検索してね!

 

CLOSE
▶ 閉じる
目次
▶ 閉じる
目次