封筒に切手を貼る位置や向きは?

いつも何気なく貼っている切手。
でも一応決まりがあるようです。

左側が一般的

封筒に切手を貼る位置は、封筒を正面にして左側が一般的です。

封筒 切手 位置

縦7cm、横3.5cm以内に収まるように貼りましょう。
これは機械が消印を押せる範囲とされているためだそうです。

切手を貼る向きは、決められていません。

縦向きでも

切手 縦向き

横向きでも

切手 横向き

大丈夫です。
ただし切手1枚のとき横に貼ると、性格が曲がっていると思われるので、縦にしておきましょう。

切手を3枚貼る場合は、横向きの方がスッキリ範囲内に収まります。

切手 横向き 3枚

4枚以上になる場合は、この範囲には収まらなくなります。

気にせず、切手を横にして一列に並べるか、切手を縦にして二列に並べるのが良いそうです。

切手を貼る時は何枚までOK?

切手は何枚でも貼り付けらることができますが、あまり多く貼りすぎるのも郵便局員さんの手間を取ります。
また、受け取る方も不快な思いをする場合もあります。

余っていたとしても、10枚も20枚も使うのは避けた方が良さそうです。
なるべく枚数は3枚以内で収まる組み合わせで送った方が、スッキリします。

料金別に3枚以内で切手が収まる組み合わせをご紹介します。

郵便種類重量料金切手の組み合わせ例
定形25g以内84円84円切手
50g以内94円94円切手
定形外(規格内)50g以内120円120円切手
100g以内140円140円切手
150g以内210円210円切手
250g以内250円10円切手・100円切手・140円切手
500g以内390円20円切手・50円切手・320円切手
1kg以内580円290円切手2枚
定形外(規格外)50g以内200円100円切手2枚
100g以内220円100円切手・120円切手
150g以内300円290円切手・10円切手
250g以内350円30円切手・320円切手
500g以内510円500円切手・10円切手
1kg以内710円210円切手・500円切手
2kg以内1,040円20円切手2枚・1,000円切手
4kg以内1,350円30円切手・320円切手・1,000円切手

料金は2019年10月1日以降のものです。

切手の額面は、さまざまなものがあります。
このほかの組み合わせも考えてみてください。

まとめ

今回は切手の貼る位置についてお伝えしました。

左側に貼ってあれば、それほど気にしなくても大丈夫です。
しかし、あまりにもズレていたり、曲がっていると、差出人の性格まで曲がっているような印象にを受けます。

できる限り丁寧に貼ってくださいね。

切手に関連する記事:
A4用紙を封筒で送るときの切手代と実際に送れる最大枚数をはかってみました
2019年10月から値上げ!封筒の切手代はいくら?

 

 

 

他にも知りたいことがあったら検索してね!

 

CLOSE
▶ 閉じる
目次
▶ 閉じる
目次