お通夜にふさわしい服装

冠婚葬祭のマナーは、なんとなくはわかるけど、あまり自信がないという人も多いのではないでしょうか。

「こんなことも知らないの?」と思われるのも恥ずかしいと思うと、他の人に聞けないですね。

そこで、今回はお通夜にふさわしい服装とマナーについてご紹介します。

通夜に参列するときの服装のマナー

お通夜とは、夜通し灯りを絶やさず(線香の火を絶やさず)亡くなった方を見守る儀式のことをいいます。
一般的に、通夜は葬儀、告別式の前夜に行われますが、斎場の都合などで日程が変わることもあります。

通夜は、親族や親しい友人、知人などが集まり、故人の冥福を祈り、最後の別れを惜しむ場所です。
故人やご遺族に敬意を払い、故人に最後のお別れをする席なので、服装やマナーには注意することが大切です。

女性の服装と持ち物

通夜、告別式に参列する場合の女性の服装と持ち物は以下の物が一般的です。

・喪服
・黒のパンプス
・黒のブラウス
・黒のストッキング
・黒のバッグ
・黒または白のハンカチ
・弔事用のふくさ(紺または紫)
・数珠(持っているようであれば持参しましょう)

親族ではない場合は、喪服は和服ではなく黒のフォーマルスーツまたはワンピースを着用します。
肌の露出を避けるために、ワンピースやスカートを着用する場合は、膝くらいまでの少し長めのものを選ぶようにしましょう。

インナーを着用する場合は、白のブラウスは避けましょう。
男性の場合は白のワイシャツを着用しますが、女性の場合はインナーも黒を着用します。

ハンカチは、白でもよいとされていますが、女性の場合は黒のレースのハンカチなどを準備するといった配慮があるとさらによいと思います。

※お通夜と告別式の両方に参列する場合は、お通夜のときは香典を持参しなくても大丈夫です。
その際は、弔事用のふくさは必要ありません。

女性の服装で注意点

お通夜や告別式に参列する場合、女性の服装に関して注意する点についてご紹介します。

お通夜や告別式の場合、女性はアクセサリーの着用は避けることがマナーです。
しかし、結婚指輪とパールのアクセサリーは例外とされています。
パールのネックレスをつける場合は、2連のネックレスは不幸が重なるという意味になってしまうためマナー違反になります。
パールのネックレスを付ける場合は、1連のネックレスを選ぶようにしてください。

髪が長い人は、そのままにはせずにまとめておくようにしましょう。
その際は、耳の位置よりも下でまとめ(高い位置はマナー違反です)、シュシュやバレッタなどを使用する場合は光沢のない黒のものを選ぶようにしてください。

小物やマフラーなどを身につける場合は、毛皮やファーのついたマフラーなど殺生を連想させるものは避けるようにしましょう。

メイクは、女性にとってマナーの1つですが、お通夜や告別式に参列する場合は、控えめな色を選ぶようにしましょう。
また、マニキュアなども控えましょう。

女性の場合、正装をする場所ではスカートを選ぶことも多いですね。
しかし、お通夜や告別式に参列する場合はできるだけ肌の露出を避けることがマナーとされています。
喪服を選ぶ場合、スカート丈は膝が隠れるくらいの長さのものが理想です。

靴やバッグは光沢のある素材のものは避けましょう。
ヒールもあまり高いものは、避けるようにしてください。

男性の服装と持ち物

通夜、告別式に参列する場合の男性の服装と持ち物は以下の物が一般的です。

・喪服
・黒の靴
(原則としては紐で結ぶタイプのもの)
・黒のベルト
・白のワイシャツ
・黒の靴下
・黒のバッグ
・弔事用のふくさ(紺または紫)
・数珠(持っているようであれば持参しましょう)

※お通夜と告別式の両方に参列する場合は、お通夜のときは香典を持参しなくても大丈夫です。
その場合は、弔事用のふくさは必要ありません。

男性の服装で注意する点

お通夜や告別式に参列する場合、男性の服装に関して注意する点についてご紹介します。

お通夜や告別式に参列する場合、ネクタイピンをしないことがマナーです。
腕時計をすること自体は特にマナー違反にはなりませんが、華美なデザインの腕時計の場合やアクセサリー類は外すようにしましょう。

夏の喪服は半そででも大丈夫?

夏の喪服は、長袖ではなく半そでを着ても問題ないのでしょうか。

親族として参加する場合

親族として参列する場合は、通夜の席では略式でも問題がないといわれていますが、一般的には正装をすることが多いです。
親族側として参列する場合は、半そでの着用はマナー違反になりますので注意してください。

一般の参列者として参加する場合

一般参列者として参列する場合は、正装ではなく準礼装または略礼装のものを着用します。
ですが、弔事の儀式に参列する場合は、基本的には長袖を着用するようにしましょう。

女性のワンピースの場合は半そでの喪服などもありますね。
その場合は、ボレロやジャケットなどの長袖の上着がセットになったものを着用することをおすすめします。

ワイシャツやブラウスなどは半そでにしてもかまいませんが、式に参列するときは長袖の上着を着用するようにしましょう。

遺族の通夜の服装マナー

通夜の場合、遺族側の服装も礼装ではなく略式でよいとされています。

弔事のときの男性の第一礼装は、和装は紋付羽織袴で、洋装の場合は黒のモーニングです。
通夜の席では、遺族であっても黒のモーニングではなく、ブラックフォーマルの喪服でかまわないということです。

女性の場合は、第一礼装は、和装は黒紋付で、洋装の場合は黒のフォーマルスーツ(スカート)や黒無地のワンピースです。

女性の場合、パンツスーツは略式扱いになりますので覚えておきましょう。
通夜の席では、遺族の服装も略式でよいとされていますが、遺族として参列する際はできるだけパンツスーツの着用は避けることをおすすめします。

告別式の場合は、遺族側は第一礼装をすることがマナーです。

女性の場合、着物を着た方がいいのか悩むことがありますね。
遺族側の場合、和装をする人が多いのですが、最近では洋装の喪服を着る遺族も増えています。
着物は大変だという場合は、遺族であっても洋装の喪服を着用しても問題はありません。
その際は、パンツスーツではなく黒のスカートやワンピースのフォーマルスーツを着用するようにしましょう。

子どもが通夜に参列するときの服装

親族の葬儀の場合、お子さんが通夜や告別式に参列するケースがあります。
子どもの場合、喪服がないことがほとんどですので、わざわざ喪服を購入する必要はありません。

中学生以下の小さいお子さんの場合は、できるだけ落ち着いた色の服を選ぶようにすれば問題ありません。
ただし、赤やピンクといった華やかな印象になる色の服や、キャラクターのついているようなもの、汚れや毛玉などがついているものは避けるようにしてください。

保育園や幼稚園、小学校の制服がある場合は、それを着用させてあげましょう。
制服で帽子がある場合、帽子は着用させる必要はありません。

中学生や高校生の場合は、制服を着用すれば問題ありません。
私服の学校の場合は、Yシャツやブラウスに紺のズボンやスカートなどを選ぶとよいでしょう。

子どもの場合、フォーマルな服装ではなくてもマナー違反になるということはあまりありません。
ですが、参列に来ていただく方に敬意を表すことを考えて、落ち着いた色でなるべくフォーマルな印象になるような洋服を選ぶようにしましょう。

喪服がない場合は黒のスーツでも大丈夫?

黒のスーツと黒のフォーマルスーツの一番の違いは黒の色の濃さです。
フォーマルスーツの場合、マット感のある黒色をしていますが、一般的な黒のスーツは真っ黒ではありません。
他の人が黒のフォーマルスーツを着ていると、色の違いがわかってしまうので黒のスーツはフォーマルスーツの代用にはならないといわれています。

急な訃報を受け、黒のフォーマルスーツが用意できなかったなどのやむを得ないときは仕方がありませんが、できるだけ黒のフォーマルスーツを着用するようにしましょう。

いざというときのために、1着はフォーマルスーツを準備しておくことをおすすめします。

通夜に参列するときの平服ってどんな服?

冠婚葬祭などに参列する場合、平服でお越しくださいという案内が来る場合があります。
通夜に参列する場合の平服とは、どんな服のことをいうのでしょうか。

平服着用の案内が来た場合の服装

冠婚葬祭の場面においての「平服」とは、普段着ではないということを覚えておきましょう。

一般的に儀式などに参列する場合、礼装、準礼装、略礼装などその場に適した服装の格式が決められています。

たとえば、男性の場合は弔事の礼装は、和装であれば紋付き羽織袴で洋装であればモーニングです。
女性の場合は、和装であれば黒紋付、洋装であればブラックフォーマルのスーツやワンピースです。

つまり、平服でお越しくださいという意味は、正礼装や準礼装の必要はありませんということであって、「普段着でもかまいませんよ」という意味ではないんですね。

ただし、突然の訃報で急いで通夜に駆け付ける場合は、地味な色のビジネススーツなどでも問題はありません。

通常の場合は、平服着用の案内が来た場合でも喪服を着用することが一般的なマナーであるということを覚えておくようにしましょう。

平服を着用する意味

お通夜の場合、結婚式などと違い、突然訃報を知ることになります。
そのため、喪服などを準備することができず、(礼装をせずに)平服のまま駆け付けましたという意味があるんですね。

遠方の住んでいる方のお通夜に参列する場合や、急に仕事を休めない場合は、喪服が準備できないこともありますね。
そのようなときは黒やグレーの落ち着いた色味の服を着ていってもいいといわれています。
しかし、連絡が来てから準備をする時間が取れるようであれば、喪服を着て伺うというのが一般的なマナーです。

地域によってしきたりが異なるケースも

都会の場合は、通夜、告別式の両方を葬儀場で行うことも多いですが、地方の場合、通夜は自宅で、告別式は葬儀場で行うことがあります。

通夜を自宅で行うことが多い地域では、高齢者の場合、通夜は喪服ではなく落ち着いた色の洋服で行くケースもあるようです。

一般的には、通夜の席にも喪服で参列することがマナーとされているので、喪服で行くことが失礼に当たるということはありません。

ですが、地域によってしきたりが異なるケースもあります。
どうしたらわからないというときは近所の方に聞いてみるとよいでしょう。

まとめ

喪服には、喪に服する人が着る物という意味がありました。
つまり、喪服とは遺族が着用する服だったということです。

ですが、現在では故人や遺族に敬意を表す意味を込めて、告別式だけではなく通夜の席でも喪服で弔問することが一般的になっています。

喪服や弔事用の小物類は、急に揃えようとするとあわててしまいますね。
社会人になったら、喪服や弔事用の小物はひととおり準備しておくことがおすすめです。

緊急の場合は、黒のネクタイ、靴下、黒のストッキングなどは、100円ショップなどでも購入することができます。
通夜や告別式に参列する場合は、故人やご遺族に失礼にならない服装で弔問するように心がけましょう。

 

 

 

他にも知りたいことがあったら検索してね!

 

CLOSE
▶ 閉じる
目次
▶ 閉じる
目次