幼稚園と保育園の違いを調査してみました

幼稚園と保育園って何が違うの?幼稚園と保育園の違いをわかりやすく解説します

子ども3歳に近づくと、幼稚園や保育園の入園について考えるママも多いですね。
でも、そこで気になるのが幼稚園と保育園って何が違うのとか小学校は義務教育だけど、幼稚園や保育園って絶対に行かなきゃいけないものなの?ということではないでしょうか。

そこで、幼稚園と保育園の気になる疑問についてわかりやすくご紹介します。

幼稚園と保育園の違いとは

幼児が通う場所という意味では幼稚園も保育園も同じなのですが、幼稚園と保育園には実は大きな違いがいくつかあります。
各項目について詳しくご説明していきますね。

表でチェック!幼稚園と保育園の違い

幼稚園と保育園の主な違いは以下のとおりです。

 

幼稚園

保育園

目的

幼児の心身を助長すること

日々の保護者の委託を受けて、乳児、または幼児を保育する

所轄

文部科学省

厚生労働省

対象年齢

3歳から小学校就学前まで

0歳から小学校就学前まで

標準的な保育時間

(施設により異なります)

9時~14時(延長なし)

標準保育時間:4時間

7時半~18

標準保育時間:8時間

保育料

私立の場合:設置者が設定

公立の場合:自治体が設定

自治体が保護者の所得により設定

給食の有無

任意

義務

先生の必要免許

幼稚園教諭免許

保育士資格

法令

学校教育法

児童福祉法

所管省庁が違う

幼稚園と保育園は、管轄している省庁が違うんですね。
幼稚園は、小学校と同じで文部科学省の管轄ですが、保育園は厚生労働省が管轄しています。
そのため、幼稚園は「教育施設」なのですが、保育園は「児童福祉施設」になります。

管轄が違うので、先生の保有資格も異なりますし、ベースになっている法令も異なります。

管轄の違いによって、「教育施設」「児童福祉施設」という区分の違いや、先生の保有資格や法令が異なるだけではなく、入園できる年齢や保育時間、給食など決められている規定に違いがあります。

入園できる年齢が違う

幼稚園に入園できる年齢は、4月の時点で満3歳です。
4月生まれのお子さんの場合は、入園時期の後に3歳になるので、約1年待つことになります。
一方3月生まれのお子さんは、3歳になってすぐに入園できます。

保育園は、0歳から入園することができます。

保育時間や日数の規定が違う

具体的な保育時間や日数は園によって異なりますが、原則として幼稚園の場合、保育時間は標準4時間以上、保育園の場合は8時間以上と決められています。

幼稚園の場合、一般的な保育時間は延長保育をしない場合は、14時までというところが多いです。

また保育日数は、幼稚園は特別な事情を除き39週を下回らないことという規定がありますが、保育園の場合は日数の規定がありません。

幼稚園の場合、39週を下回らない範囲であれば休みにすることが可能なので、夏休みなど長期休暇がある園が多いです。
保育園の場合は、日曜、祝日以外は開いていることが多いので長期休暇を取る園はありません。

給食の規定が違う

幼稚園と保育園は給食の規定も違います。

幼稚園の場合は、給食は「任意」です。
そのため、園によっては毎日お弁当が必要なケースもあります。

保育園の場合は、給食を提供する「義務」があります。
給食を提供することが義務付けられているので、行事などのとき以外は毎日給食を提供してもらうことができます。

保育料の算定方法が違う

幼稚園や保育園の入園を考える場合、やっぱり気になるのは保育料ですよね。
実は、幼稚園と保育園では保育料の算定方法にも違いがあります。

幼稚園の場合は、親の収入に関係なく一律で決められています。
ですが、保育料の負担を軽減する措置として、「幼稚園就園奨励費補助金」を受け取ることができる場合があります。

公立、私立の違いや親の収入や住民税額などで受け取れる補助金の金額が異なります。
受け取れる補助金の金額については、各自で確認するようにしてください。

なお補助金の申請は通っている幼稚園を通して行います。

保育園の場合は、親の収入によって変動します。
各自治体で決められた所得・住民税・世帯収入などの定義によって保育料が決定されるため、同じ保育園に通っていても人によって保育料が異なります。

自治体のホームページで保育料を確認することができますので、おおよその保育料を知りたい場合は事前に調べておくと便利ですよ。

幼稚園の場合は保育料以外に必要な費用も多い

幼稚園の場合、制服があることも多く、購入するための費用がかかります。
制服のデザインは園によって違いますが、一般的には冬用、夏用と2種類の制服があります。
また、独自のカリキュラムを取り入れていることも多く体操着などを購入する場合もあります。

我が家の娘たちは私立の幼稚園に通っていたので、制服代や体操着などで入園前に30,000円ほどかかりました。
その他にプールや専属の先生による運動の授業があったり、毎月強制で絵本を購入していたりしたので保育料以外に必要な費用がけっこうありました。

私立の幼稚園の入園を考えている場合は、事前に保育料以外の費用も確認しておくことをおすすめします。

保育者の資格が違う

幼稚園と保育園は、管轄している省庁が異なるため、先生が必要な資格が異なります。
幼稚園の場合は、「幼稚園教諭免許」、保育園の場合は「保育士資格」です。

そのため、「幼稚園教諭資免許」のみを取得している人は、保育園で勤務することができません。
同様に「保育士資格」のみを取得している人は「幼稚園」で勤務することができません。

入園条件が違う

幼稚園と保育園は子どもの年齢だけではなく、親の就業状況にも違いがあります。

幼稚園の場合、主に子どもを見ている人が仕事をしている必要はありません。
逆に仕事をしている場合は、入園できない幼稚園もあります。
仕事をしているママが幼稚園を選ぶ場合は、条件を確認するようにしてくださいね。

保育園の場合、主に子どもを見ている人が仕事をしている必要があります。
たとえば、お母さんが専業主婦の場合は、認可保育園に入園することができません。
ただし、認可外保育園(児童福祉法上の保育所に該当するが認可を受けていない保育施設)の場合は、入園することができます。

2019年10月から幼児教育・保育無償化になるの?具体的な費用はどう変わる?

幼児教育・保育無償化になるという話を聞いたことはありませんか?
2019年10月から、幼稚園や保育園の保育料は本当に無償化になるのかについてご紹介します。

いつから実施されるの?

子育て世代を応援することを目的として、幼稚園・保育園・認定こども園の利用料の無償化に関する内容が閣議決定されました。

そこで気になるのがいつから無償化になるの?ということですね。
現在の状況としては、消費税率引き上げ時の2019年10月1日から実施を目指し検討中という状態になっています。
また、具体的な手続き方法についても現在検討中となっています。

正式な実施日や手続き方法につきましては、正式な発表を待ってから確認するようにしてくださいね。

すべての保育料が無料になるわけではない?

実は、保育料の無償化には金額の上限が設けられています。

・認可保育園・・・所得に関係なく制限がない
・幼稚園、こども園・・・25,700円まで
・認可外保育所・・・37,000円まで
・幼稚園内の預かり保育を利用していて保育の必要性が認められる場合は37,000円まで

認可保育園の場合は、所得によって保育料が異なりますが、保育料の無償化が実施されるとすべての保育料が無償になります。

幼稚園やこども園の場合は、毎月の保育料が27,500円を超えた分が有料です。
認可外保育園(無認可保育園)は、保育料が37,000円を超えた分は負担する必要があるということです。

また上限を超えた保育料以外にも、制服代、行事費、教材費、給食費といったものは、無償化の対象外になっています。

施設の違いで無償にならないケースもあるの?

認可外保育施設が無償化の対象となるには、都道府県に届けを出し、国が定める指導監督基準を満たさなければならないという決まりが設けられています。
つまり届け出を出していない認可外保育施設は、無償化の対象ではないんですね。

認可外保育施設は、事業所に設けられている保育施設なども含まれています。
会社の保育園に預けていたり、これから預けたいと考えている人は、会社に確認してみましょう。

幼稚園と保育園どっちが安い?

幼稚園は所得などに関係がなく保育料は一律で、所得に応じて「幼稚園就園奨励費補助金」を受け取ることができます。
保育園は、保護者の所得に応じて保育料が異なります。
そのため、幼稚園と保育園どちらが安いかというのは簡単に比較することができません。

傾向としては、所得によって保育園の保育料が高くなるため、高収入の家庭は幼稚園のほうが安い場合があります。
ですが、私立の幼稚園の場合は、保育料以外に施設費や教材費などが必要になることが多く、やはり簡単に比較できないようです。

幼稚園と保育園の費用を比較する場合は、保育料だけではなく、補助金の金額、施設費や教材費なども含めた金額を確認するようにしてみてください。

幼稚園・保育園の違いを知って園を決めよう

幼稚園や保育園の違いだけではなく、園によってカリキュラムなどの違いもありますし、設備などの違いもあります。
幼稚園や保育園を決める場合は、保育料だけではなく先生や園の雰囲気、カリキュラムや設備が子どもに合うかというのも大切なことです。

幼稚園や保育園では、事前に園内を見学できるので、事前に見学をしてみると実際の園の様子を確認することができます。
気になる園をいくつか絞ったら見学の申込をしてみましょう。
気になることや心配なことがある場合は、見学時に質問することができるので事前の見学がおすすめです。

私も娘が入園する前に友達と3つくらいの幼稚園の見学に行きました。
外から見ているだけでは教室の広さやどんな活動をしているかはわかりません。
ですが実際に見学してみると、子どもがそこで遊んでいる情景が浮かんできました。

仕事復帰のために保育園の利用を考えているママの場合は、おむつの対応や母乳の対応なども園によって異なります。

園を決めるときは、園の方針や先生の様子、子どもとの相性や親の負担なども考えて、親にとっても子どもにとってもベストな園を選択してみてくださいね。

幼稚園や保育園は必ず行かないといけないもの?

幼稚園や保育園は必ず行かないといけないものなのでしょうか?

厚生労働省の調べによると、3歳児で幼稚園または保育園に通っている幼児の割合は、87%です。
4歳児では97%、5歳児になると98%とほぼすべての幼児が幼稚園または保育園に通っているというデータがあります。

ただし、小学校のように義務があるわけではありません。
つまり、幼稚園や保育園に行かないという選択もできるということです。

幼稚園や保育園に通わなくても何も問題がなかったというお子さんがいる一方、小学校に上がる前に集団生活を経験しておいた方がスムーズに小学校になじめたという意見の人もいます。

お子さん自身は選択することはできないので、親御さんがしっかり考えてから決めてみるといいのではないかなと思います。

まとめ

幼稚園と保育園は、管轄している省庁が違うだけではなく、給食の有無や保育時間、親の就業状況などの違いがあります。
幼稚園と保育園のどちらがいいか悩んだときは、家庭にあった内容で選んでみるとよいのではないかなと思います。

現在では、4~5歳児になると幼稚園または保育園に通っている幼児がほとんどです。
幼稚園や保育園は小学校のように必ず行かなければならないという義務があるわけではありませんが、集団生活を経験することで学べることもありますし、たくさんのお友達がいるからこそできることもあります。

ホームページや入園案内だけではわからないことってけっこうあるんですね。
園選びに悩んだら、気になる園を絞って見学に行ってみましょう。
実際に行ってみると、園が選びやすくなるのでおすすめです。

 

 

 

他にも知りたいことがあったら検索してね!

 

CLOSE
▶ 閉じる
目次
▶ 閉じる
目次