保護者会の役員の決め方と引き受けるメリット・デメリット

4月になって入学や進級すると気になるのが保護者会の役員決めです。
私が経験した役員の決め方は、基本的にはまずは「立候補者」を募り、立候補者がいなかった場合はくじ引きをするというのが定番でした。

保護者会の役員の決め方は、園や学校によって異なることもありますし、どんな役があるかなども異なります。
こんな決め方ってありなの?という状態で役員になってしまった経験を持つ私山下智子の体験談も含め、役員の決め方や、役員を引き受けるメリットやデメリットなどをご紹介します。

保護者会の役員決めはくじ引きが多い?

進級ではなく新入園児や新入学生の役員決めの場合、お互いのことがわからないことも多いので、「くじ引き」で決めるところが多いのではないかな?と思います。
特に初めてのお子さんが入園や入学をした場合は、園の様子や学校の様子がわからないので、立候補する勇気がないというママも多いですよね。

では、一般的に保護者会の役員決めはどのように決められることが多いのかについてご紹介します。

立候補者を募る

保護者会で役員を決める場合、とりあえず立候補者がいないか聞いてみるということから始めるケースが多いように思います。
保護者会の役員といっても「クラス会長」「学級会長」というのは大変そうという理由から敬遠されることが多く、立候補する人はあまり多くありません。
特に子どもが最上級生の場合は、下級生のときの「クラス会長」「学級会長」とは違い、やることが増えるので敬遠する人が多いですね。

逆に新聞づくりや広報といった感じの仕事は、これくらいならできそうと思うママが多いようで、立候補する人が多かったです。

立候補してくれる人が多い役員から決めてしまうと、あとで揉め事になった経験もあるので、保護者会の役員を決める順番もけっこう重要なのかもしれません。
最後に誰もやりたがらなかった学級会長だけが残ってしまい、それをくじ引きで決めようとしたら、(もっと楽そうな)役に立候補したかったみたいなことを言いだした人がいたんですね。

初めての子どもで最初から役員をやる自信がないという人は、兄弟、姉妹のいる先輩ママと組んで役員をやらせてもらうとか、最初の1年は様子を見るという判断でもいいのかな?と思います。
ただし、くじ引きで役員決めをする場合は、初めての子どものママとか兄弟や姉妹がいるママというのは関係がなく全員が対象になるので、当たってしまう可能性はあります。

役員経験者以外の人から選出する

進級したクラスで役員の決め方として多いのが、役員経験者以外から選出するという方法です。これは、役員経験というとらえ方がけっこう問題になることがあります。
それは、兄弟、姉妹が同じ園や学校にいる場合は、他の子でも役員経験を役員経験者として判断するの?なんていう話まで出てきてしまうので、みんなの意見が一致するのは難しいですね。

どちらにしても、役員未経験者から役員を決めようという話になってしまうと、役員未経験者のママは肩身の狭い思いをすることがありますし、役員経験者の人を外して有無をいわさずくじ引きで決めるといった強行手段に出ることもあります。
人数が減らされてしまう分、当たってしまう確率が上がるので役員未経験者の中から選出するという話が出たときは覚悟が必要かもしれません。

平等にくじ引き

役員経験者が多かったり、相手の事情などがよくわからないときは、できない人を除かずに全員で平等にくじ引きすることがあります。

この記事の冒頭で「こんな状態で決めるのってありなの?」という状態で役員になってことがあるという話を少し書きましたが、すごい状態で「くじ引き」で役員に決まってしまった体験をしました。

下の娘が小学校6年生だったので、最終学年の学級会長はクラスの学級会長だけではなく全学年の学級会長会の会長になる可能性や、卒業式後の謝恩会の設定、卒業式の保護者代表挨拶などになる可能性があるので、立候補者はもちろんやりたい人がなかなかいなかったらしいんですね。

私は、仕事の関係で役員を決める日にどうしても仕事を休むことができなかったので、そのとき学級会長をしていたママにおやすみをさせてもらうという連絡をしておきました。
でも、会社で責任者という立場で仕事をしていたので、役員をやるのが難しいからできれば遠慮したいという話も伝えておきました。

役員決めの話し合いが終わったあと、私の勤務先に1本の電話がかかってきました。
内容は、なんと「くじ引きで私が学級会長に決まったとのこと!」それも、連絡がきたのは話し合いが終わって、他のお母さん方が帰ってからでした。

「私に決まった」という結論になっていて、他のお母さん方も帰っちゃっていたあとだったので、当然断ることもできず渋々引き受けました。
役員をやりたくないからといって、役員決めを欠席したとしてもこんなことが起こったりもします(笑)確かに平等ですけど、その場にいない人に決まるってどうなの?ってちょっと思ってしまいました。

あとから聞いた話では、人前でしゃべるのも平気そうだし、仮に卒業式で保護者代表挨拶とかに決まったとしても「山下さんなら適任だよ~」って話になっていたらしいです。

保護者会の仕事って大変?

保護者会の仕事って大変?と聞かれたら、負担がないといったらウソになると思っています。
10連勤したあとの久しぶりの会社の休みに学校のイベントの準備などに行くこともありましたし、夜の会議に参加をしたり、同じ役をしてくれているお母さん方に連絡をしたり何かと大変なこともありました。

特に上の娘のときは学校が遠かったので、学級会長だけ会議の回数が多いは、帰りは遅いはでかなり大変でした。

引き受けた役によって差があることも

保護者会の決め方の項目でご紹介しましたが、立候補者が多い役員とまったくだれも立候補者がいない役員があります。
これは、引き受けた役で大変さに「差」がある、または「差」があると思っているママが多いということだと思います。

私が実際に経験した役員は「学級会長」と「広報」がありましたが、確かに学級会長と広報では会議の回数に差がありました。
学級会長は、学校からの連絡事項を各クラスの学級会長のお母さん方に連絡をするという役割も担っていましたし、学校のイベント準備の各クラスの指揮官をお願いするという意味もあったので、会議の回数が必然的に多くなっていたようでした。

どの程度の負担があるかというのは園や学校の規模などによっても異なると思いますが、引き受けた役によって負担の大きさに違いがあるということは確かにあるように感じました。

保護者会役員を引き受けるメリット・デメリット

保護者会の役員決めって楽しみだと思っているママはおそらくいないですよね?できれば避けたい、やりたくないと思っているママがほとんどだと思います。
もちろん、私もできるなら避けて通りたいと思っていました。

でも結果として、学級会長を3回(小学校で2回、高校で1回)広報1回やることになったのですが、大変だったことももちろんありましたが、やってよかったと思えることもありました。
そこで、保護者会の役員を引き受けるメリットやデメリットについてご紹介します。

保護者会の役員をやるメリット

私が感じた役員を引き受けたメリットには以下のようなことがあります。

先生や保護者の方と仲良くなれる

学校の役員をやってみて今でも一番よかったな~と思えることは、「先生や保護者の方と仲良くなれたこと」です。
小学校の場合、いくつかの保育園や幼稚園に通っていた子どもたちが集まっていたので、ぜんぜん話をしたことがないという保護者の方が多かったんですね。
もちろん、新入生で入学したときは先生方とも縁がない状態です。

役員を引き受けると、同じ役をやってくれているお母さん方と会う機会が増えますし、担当してくれている学校の先生はもちろんですが、授業参観以外でも担任の先生に会う機会が増えたので今までよりもより親しくなることができました。

深い話をする機会が増えてより相手のことを知ることができたので、信頼関係の度合いもより深くなれたかな?と思います。

普段の子どもの様子を見ることができる

これもママにとっては大きなメリットなんじゃないかな?と思うのですが、行事以外の普段の子どもの様子を見ることができるということです。
平日に学校のイベントの準備などで学校に行くことがあったのですが、そういうときに子どもの普段の様子をちらっと見ることができました。

下の娘が年上(お姉ちゃんのクラスの同級生)の男の子を追っかけまわしているのをみたときは、普段のこの子は何してるんだ???と思って冷や汗が出そうになったこともありましたが(笑)、構えていない自然の子どもたちの姿を見られたのは役員の特権かなと思っています。

卒業式の記念品の作成のときに担任の先生にしか撮れなかった写真データをもらえた

卒業式の記念品として、卒業式の日に学校の行事のときに撮影された写真をたくさん貼ったものを印刷してクラス全員に子どもたちに配ったのですが、担任の先生のカメラに収められていて生徒に販売のなかった貴重な写真データをもらうことができました。

これは、学級会長をやった私の特権だなと素直に思いました。

役員を引き受けたデメリット

反対に役員って大変だなと思ったデメリットをご紹介します。

会社が終わってから役員会などに参加をしなくてはいけないことも

会社が終わってから役員会に参加しなくてはいけないことも多かったので、仕事を持っているママにとっては負担が大きいかもしれません。
特に上の娘の高校が遠くて、自宅から車で1時間半くらいかかるところに学校があったので、帰りがかなり遅くなってしまうこともありました。

このときは、学校に家が近い人が役員をやってくれないかなぁ~と心の中で思うことがたびたびありました。
イレギュラーな仕事が入ってしまって、仕事が終わりそうになかったときもかなり焦りましたね。

この時間なら集まれるだろうという時間に会議が設定されていたのですが、全員が近くの会社に勤めているわけではないですし、高校の場合は自宅から遠くの学校に通っているケースもあるという配慮はなかったみたいなので、けっこう大変な思いをしていました。

休みのときに園や学校のイベントのお手伝いに参加しなくてはいけない

仕事から休日出勤になってしまうことがあったり、休みの日に突然出勤しなければいけない事情があったりしたので、久しぶりの休みに学校に行かなければいけない用事があったときは本当に萎えました。

特に、最終学年の学級会長をやっていたときは、他の学年のお母さん方がスムーズに作業をするために事前の準備などもあったので、下級生のお母さん方よりも仕事が多かったこともあったこともつらいな~と思った要因のひとつになっていたかもしれません。

一生懸命やっていても不満が出る

考え方や価値観の違うお母さん方はいるので、みんなの意見をある程度尊重して(全員の思い通りに進めることは不可能なことも多いので)やったことでも、必ず不満をいう人がいたこともつらかったです。
おなかの中では、「そんなに文句があるなら、自分でやってよ」って思いました。

保護者会を引き受けないメリット・デメリット

できればやらずに済ませたい学校の保護者会の役員ですが、保護者会の役員を引き受けないことでメリットやデメリットはあるのでしょうか。

仕事と役員の仕事の両立を避けることができる

引き受けない最大のメリットは、仕事、役員、家事の両立を避けることができるということです。
引き受けた役によっては結構な頻度で学校に行かなければならないことも多かったので、仕事の忙しい時期と重なるとつらいことがたくさんありました。

役員じゃなければ学校に行かなくて済むのにな~と思ったことがたびたびありました。

役員を一度もやらないことで他のお母さんの不満のためになることも

役員をやらないデメリットは、役員をやってきた(特に複数回やってきた)お母さん方から不満に思われてしまう可能性があることです。
私の場合、幸か不幸かけっこうな回数で役員をやることになってしまっていたので、反感を買うこともなかったのですが、小学校のときは6年間一度も役員をやらずに通り過ぎてきたお母さんは、影で「あの人一度もやったことないよね」なんてことをささやかれているのを目撃したことがありました。

保護者会の役員は、学校側としては保護者にお手伝いをお願いするという意味合いが強く必ず1度はやらなければいけないと強制されるものはないですし、強制できる権限を持っている人も存在しないので、やらずに切り抜けられる可能性があればそれはそれでもOKだと思います。

でも、役員を引き受けるのが可能な状態なのであれば、1回だけでも引き受けておくと、逆に精神的に楽になれるんじゃないかな?と思います。

役員を経験した私の体験談

私の場合、娘が2人いるので、小、中、高とすべてのところで何らかの役員をやることになり、学級会長は3回経験しました。

一度目のときは、他のクラスは役員が決まってほとんどのクラスの保護者が帰っているのに、自分の娘のクラスだけがなかなか決まらず、決まりそうにもなかったので早く帰りたい気持ちもあって自分の意思で学級会長に立候補しました。
意見をいう人もいないし、誰もやりたくなくて教室がし~んとしていたので、「私がやります」ってつい言っちゃったんですね(笑)

これがよくも悪くも後々まで目立つことになり、おまけに役員決めのくじ運も逆の意味で最強で、学級会長を3度も引き受けることになりました。
それに加えて、下の娘の小学校の卒業式の保護者代表の挨拶と上の娘の高校の入学式の保護者代表挨拶という大役を人生で2回も経験させてもらいました。
当時は、緊張するし、謝辞のあいさつ文を考えないといけないので嫌でしょうがなかったのですが、あとで考えるとある意味貴重の体験だったかもしれないと思っています。

役員をやらせてもらっていたときは、保護者の中には考え方がどうしても合わない人もいますので、自分なりに一生懸命やらせてもらっていても影で文句を言われることもあったので、苦労しているのに報われないな~と思ったこともありました。

でも今振り返ってみると、担任の先生と仲良くなれたり、同じ役員をしているママたちと仲良くなれたのは、よかったなと思いましたし、役員しか経験ができない貴重な体験もたくさんさせていただきました。
行事の準備などは大変なこともありましたが、それも今ではいい思い出になっています。

私も同じ体験をしてきたのでわかるのですが、本音を言えば保護者会の役員はできることならだれにも気づかれずに、やらないまま学校を卒業したいですよね(笑)でも、もし、やることになったとしても役員にしか体験できない貴重な機会に恵まれることもあります。終わったあとは、すべてがいい思い出になると思うので、当たったときはチャンスだと思ってぜひいろいろな体験を楽しんでみてください。

まとめ

保護者会の役員決めっていやですよね~。立候補したらしたで大変だし、なかなか決まらないと時間もかかるし、できないっていう人に限って「その決め方は良くないと思います」なんて発言をして、決まりかけていたのに振り出しに戻るなんてこともあったりします。

貴重な休みを返上して、学校の会議や行事の準備に参加したりすることもありますし、仕事が終わってから会議に参加しなくてはいけないこともあるので、できればやりたくないのがママたちの本音だと思うんです。

家庭の事情などでどうしても引き受けるのは難しい場合は、無理して引き受けずにはじめにはっきりと断るようにしましょう。
やりたくはないけど頑張ればできるときは、役員にしかできない体験を楽しむ気持ちで1年頑張ってみましょう。
小学校の役員の話を主にお話しましたが、幼稚園のお遊戯会の小道具作りに参加したときは、自分の作ったものを使って子どもたちが頑張ってるんだな~なんて思えたこともあったので、けっこう楽しかったですよ。

 

 

 

他にも知りたいことがあったら検索してね!

 

CLOSE
▶ 閉じる
目次
▶ 閉じる
目次