小さな子持ちの主婦のパートの選び方

【画像】小さな子供と母親

パートをしたいと思っていても、子供が小さいうちは難しいかなって思いますよね。

子どもが熱が出たり体調が悪かったりすると、休まないといけないからです。

それでも家計のために働かなければいけない。
そんな時もあります。

そこで今回は小さな子持ちの主婦がパートで働きやすい仕事の選び方について紹介します。

仕事は働きやすいで選ぶのではなく、休みやすいで選ぶ

【画像】小さな子供がいる時

主婦でも子供がいなかった頃はどんな仕事でもできたのに、いざ子持ちとなると働きにくくなっていることに気がつきます。

仕事よりも子供を優先させなければならないからです。

そのため独身の時のように責任を持って仕事をしたいという欲求よりも、同じ境遇で皆が同じ仕事をこなしているようなパート主体の仕事を選ぶのが得策だといえます。
いざ子供が病気だというときにもお互い理解し合い、代わりがきくというメリットがあるからです。

仕事を探す際の条件としては、

  • 「土日祝休み」
  • 「時間相談可(時短勤務あり)・残業無し」
  • 「週〇日から」

などですね。

主婦向けの求人で「子供の行事・病気等、融通ききます」となっていたら、さらに魅力的ですね。

事務職などは?

事務などの専門職でも、主婦に配慮した求人はあります。
ですが少人数の職場が多いため代わりがきかない分、急なお休みなどは会社に迷惑がかかるなど、自由がきかないことが多々あります。

また会社の方針では子どもがいる主婦に配慮されていても、職場の従業員からしたら休んで欲しくないという気持ちが強いものです。
そのため次第に風当たりが強くなり、精神的な負担が増えて退職に追い込まれてしまうのです。

事務職についてはこちらで記事にしてありますので、チェックしてみてください。

サービス業がおススメ

サービス業では、時間で区切られるなどのシフト制のところが多い分、昼間専門の主婦だったり、夜や週末専門の学生だったり、いつでもがっつり入っているフリーターだったり、いろいろな境遇のたくさんの人がいます。

そして、たいていは同じ仕事を皆が同じように覚えるので、誰が休んでもすぐに代わりの人で埋め合わせができるようになっています。

普段から職場で助け合いながら仕事をすることで、いざというときに自分が休みやすい環境を作っておくことがポイントです。

夫の協力を得られないのに働くのは難しい

【画像】夫も育児や家事

パートでも、時には残業があったり、サービス業ともなれば土日の出勤を求められることもあります。

近くに親もいなければ頼れる人もいない場合、唯一頼れるのは夫だけです。
もしも妻にはできることなら働いてほしいと思っている夫なら、育児や家事にも積極的に協力してもらいたいものです。

外で働いてきた後も、主婦には家での仕事もまだ山のようにあります。
夫も家事は主婦の仕事だとは思わず、お互いが協力し合い、無理なくできることから分担できることが理想的です。

共働きをしながら子供を育てるのですから、まずは夫婦円満でいることを心がけましょう。

男は弱音を吐けない生き物

お願いしても夫が家事や育児を手伝ってくれない。
こんな不満を持っている主婦は大勢います。

手伝わない理由としては、

育児や家事って妻がやるべき

と思っている男性が多いような気がしますが・・・

実は少数派なのです!

多くの男性は仕事のトラブルや人間関係、自分の能力不足や職に対する不適正などなど、悩みやストレスを抱えています。
しかし家族を養っているという思いと、弱いところを見せたくないというプライドから、悩みを打ち明けられないのです。

そして家事や育児などをする心の余裕が、持てなくなっているのです。

少し極端な例かもしれませんが、家族に言えない悩みを抱えている男性が多いのは事実です。
自分の悩みで手一杯の夫に、「大変だから手伝って」と言っても届かないのです。

本音で話し合っている?

実際には、家事や育児を手伝わない理由は様々。
ただ単にやりたくないという男性もいます。

悩んでいるのか、なまけているのか、甘えているのか・・・
あなたの夫がどのタイプか分かりますか?

分かりませんよね。
言われなければ分からないのが普通です。他人なんですから。

ですが分かろうとする努力が必要です。
それはいつも本音で話し合うことだけなんです。

本音で話し合って、不満をお互いに解消して、悩みを共有する。
そうすれば自然と育児や家事を分担できるはずです。

しかしもし話し合いができないようなら・・・
夫婦関係について、考え直した方がいいかもしれませんね。

上手くいかないことが多いと思って頑張る気持ちがないと難しいですよ

【画像】上手くいかないことが多い

ひとりで仕事をたくさん抱えて、残業も土日出勤も全然できていた独身時代とは何もかもが変わりました。
自分の中では仕事に対する責任感は何ひとつ変わっていないのに、家庭を持ったことで融通の利かないことだらけになってしまった。

子供を理由に仕事を休んだりすれば、自分の仕事を他の人に負担してもらわないといけなくなり、心苦しい思いをすることもあります。
ですが、同じような境遇の人はたくさんいます。

仕事は上手くいかないことが多いものだとわりきって、子持ちになった今だから分かること、できることもあるのだという気持ちの切り替えをしてみてください。

内職や在宅ワークも考えてみる

【画像】在宅ワーク

子供が小さいうちは家にいながら仕事をするという選択肢があります。
現在ではパソコンやスマホ、タブレットなどで様々な情報交換ができるようになっています。

求人情報の中には内職や在宅ワークに関するものも数多くあります。
時給に換算すると微々たるものではあるかもしれませんが、何もせずに子育てに追われるよりも気分転換にもなりますし、コツコツと作業することが好きな人には向いています。

一番のメリットはいつでも好きな時間に子供の面倒をみながら仕事ができることです。
ただし、内職といっても仕事の持ち運びはマイカーで自分でというところも多くありますので、扱う物の大きさや重さの確認が必要です。

細かい作業のものは単価が安く、数をこなさなければお金にならないので、好きな時間に好きなだけといっても納品の期日が決まっていれば逆に内職に追われることにもなりかねません。はじめは少量からやってみて、徐々に増やしていくことにしましょう。

パソコンなどによる在宅ワークでは、画面上にあるものをひたすら打ち込むデータ入力や、自分の言葉で文章を考えながら進めていくライティングなどがあります。依頼主とははじめからメールでのやり取りが多いため、実際どんな会社なのか、どんな人なのかを確かめることができない分、その会社が悪質ではないかしっかりと調査することも重要です。

ライターの始め方については、こちらをチェックしてみてください。

その他、スマホのポイントサイトやアンケートなどもお小遣い稼ぎに人気があります。
どうしても外に出られないという人は、家にいながら仕事をすることも視野にいれてみてはいかがでしょうか。

まずは、次の記事のような簡単なことからはじめてみてください。

まとめ

いかがでしたか?

子供が小さいうちは事務や専門職などの、責任が大きく自分のかわりになる人がいない仕事は避けるべきです。

こちらの記事で、小さな子供がいる主婦向けの仕事をピックアップしてみたのでチェックしてみてくださいね。
子供がいる主婦向けパート5選(アンケート結果より)

 

 

 

他にも知りたいことがあったら検索してね!

 

CLOSE
▶ 閉じる
目次
▶ 閉じる
目次