仕事がどうでもいいと感じるのは悪いことではない

ふとした瞬間に『仕事なんてもうどうでもいい』と感じた経験はありませんか。
仕事は真面目にやらなければいけないとか、お金をもらって仕事をしているのだからこんな考えになっている自分はダメなんじゃないかという気持ちになってしまった経験がある人もいるのではないかなと思います。

仕事がどうでもいいと感じるのは、本当に悪いことなのでしょうか。
また仕事がどうでもいいと感じてしまうのは、どんなときなのでしょうか。

仕事がどうでもいいと感じてしまうのはどんなとき

仕事がどうでもいいと感じてしまう原因はいくつかあります。
一生懸命努力したにも関わらず努力が認められなかったり、自分なりにベストを尽くしても結果につながらなかったりしたときなどです。

頑張っても、頑張っても努力が報われず、上司から否定的な言葉ばかりいわれてしまうと、自分の存在価値さえないような気持ちになり、鬱のような状態になってしまうこともあります。

気持ちが鬱状態になってしまうと、何をやってもうまくいかないと自分の中で思い込んでしまいやすいんですね。やることなすこと全部がうまくいかなくて気持ちが落ち込んでいるときに、さらに上司からあなたを否定するようなことをいわれてしまうと、ますます仕事なんてもうどうでもいいという気持ちになってしまうことがあります。

私個人の意見ではありますが、仕事がどうでもいいと思って仕事をしていたとしても、それはそれでもいいと思っています。
思いを口に出さなければ、上司にばれることはありませんから(笑)。

でも、今の状態が続いてしまうと、自分がつらくなってしまうことがあるんですね。
そんなときは今からご紹介する方法を試してみてください。

自分の努力が報われないとき

自分なりに精一杯努力をしたのに結果につながらないと、仕事なんてもうどうでもいいという気持ちになってしまうことがあります。

もちろん、努力がすべて結果につながるのがベストですが、精いっぱい努力をしたとしても自分が願う結果にならないこともありますよね。

そんなときにおすすめなのが、仕事をするときは、自分が望む結果をめざして今の自分ができる最大限のことをやると決めて行動してみることです。
もうやれることがないくらい全部やり尽くしていれば、仮に結果が望むどおりにはならなくても、上司にダメ出しをされたとしても、素直に認めることができます。

仕事にやりがい・魅力を感じられないとき

仕事に対してやりがいや魅力を感じられないと、仕事そのものが「どうでもいい」と感じてしまって、仕事が進まないってことがありますよね。

でも、どうしてもやらなければいけない仕事なのであれば、やらないわけにはいかないという状況がよくあります。
そんなときは、あまり深く考えずに嫌な仕事はさっさと終わらせてしまいましょう。

上司を信頼できないとき

自分の上司が信頼できないという人もいると思います。

文句ばかりいうのに、自分の仕事はいい加減。
そんな姿を見ていたら、「仕事なんてどうでもいい」という気持ちになってしまいますね。

上司の姿をみてしまうと、自分のモチベーションもどんどん下がってしまいます。
そんなときは、上司は上司、自分は自分と気持ちを切り替えるようにしてみてください。

まずは、自分の目の前の仕事だけに集中することを心がけてみましょう。

仕事よりも大事なことがあるとき

自分が仕事よりも大切にしたいと思うものがあるときは、「仕事なんてどうでもいい」と感じることがあります。
あなたの人生は、あなただけのものですから、自分が大事だと思うものを大切にするという気持ちになるのはあたりまえだといえます。

この場合は、特に悪いことではないので気にしなくても大丈夫です。

仕事がどうでもいいと感じるあなたは、どちらのタイプ?

仕事がどうでもいいと感じているあなたは、どちらのタイプに当てはまりますか?

仕事はしっかりやっている

「仕事はどうでもいい」という気持ちがあったとしても、仕事自体はしっかりやっているのであれば、特に問題ありません。

仕事は適当にやっている

「仕事はどうでもいい」と思っているので、やる気になれず、適当に仕事をやっていると答えた場合はちょっとまずいです。

自分の中で思っているだけならいいのですが、仕事の内容や態度については、上司はしっかり見ています。
上司が目に余ると判断した場合は、将来的には減給や解雇もあるかもしれませんよ。

「仕事なんてどうでもいいや」という気持ちから抜け出すには?

仕事なんてどうでもいいやと思いのまま仕事をしていると、自分は何のために会社に行っているんだろう?と思ってしまうことがあります。
最初は、どうでもいいという気持ち程度で済んでいたとしても、この状態が続いてしまうと、自分の気持ちがさらに落ち込んでしまう可能性もあります。

では、仕事がどうでもいいと感じなくなるためには、どんな方法があるのでしょうか。

どうでもいいと思う原因を考えてみる

まずは、どうでもいいと思う原因を考えてみましょう。

・仕事よりも自分にとって大切なものがある
・努力が報われない
・ほかにやりたい仕事がある

など、自分なりの原因があると思うんです。
原因がわかれば、どうしたらいいかという対処方法を見つけやすくなりますよ。

自分が本当にやりたいことは何かを考えてみる

もし、時間やお金などの制約が一切なく、自分のやりたいと思うことがなんでもできるとしたら、今自分が一番やりたいことって何ですか?

この答えは、本当にあなたが望んでいるものです。

自分のやりたいことが自由になんでもできたら、楽しいですよね。
本当に自分がやりたいことがわかると、そのことを考えているだけでも気持ちが明るくなってきます。
もし、可能なのであれば思い切って挑戦してみるというのもいいですね。

仕事だと割り切ってみる

仕事がやる気になれなくてどうでもいいと感じてしまうときは、「仕事は自分のプライベートを豊かにするためにお金を稼ぐ手段」と割り切ってしまいましょう。

会社に行って自分の興味のないことや価値を感じない仕事をしなくてはいけなかったとしても、それが仕事だからと割り切ってしまうと気持ちが楽になれることがあります。

他の部署へ異動を申請する

もし、今の会社の中で他にやりたいことがあるのであれば、異動を申請してみましょう。
自分のやりたい仕事ができる部署にいないことが原因で仕事がどうでもいいと思っているのであれば、自分の意思を伝えることでやりがいのある部署に異動できる可能性があります。

どうせ無理だからと最初から諦めてしまうのではなくて、まずは自分の意思を会社に伝えることから始めてみましょう。

プライベートを充実させてみる

自分の気持ちの中の満足感は、仕事を充実させることだけではありません。
プライベートが充実していると、気持ちも充実しているので仕事も楽しくなってくることがあります。

楽しい経験は、自分の気持ちを明るくする効果があります。
仕事が楽しくないな~と感じているときは、プライベートの時間を思いきり楽しんでみましょう。

長期間休養する

気持ちが落ち込んでいたり、体が疲れていたりすると、仕事がどうでもいいと思いやすくなります。
そんなときは、思い切って長期間休養するという方法もあります。

そんなことをしたら、会社をクビになるから…と決めてしまわずに、長期休暇が可能かどうかまずは上司に相談することから始めてみませんか。

数日休みを取って好きなことをやってみる

長期休養は金銭的に不安だとか、仕事をクビになるのが怖いという場合は、数日休みを取って好きなことをやってみるという方法がおすすめです。

仕事がどうでもいいという気持ちになっているときは、何かを我慢していたり、疲れがたまっていたりすることがあります。
たとえば、休みが取れないから〇〇にいけない、〇〇ができないなどです。
そんなときは、思い切って休みを申請して、やりたいことを思い切りやってみませんか。

やりたいことが実現すると心が満たされるので、仕事も頑張ろうと思えるようになりますよ。
疲れがたまっているときは、しっかり休養の時間を確保してみましょう。

休職してみる

仕事がどうでもいい、仕事自体がつらいという状況まできてしまっている場合は、休職するという方法もあります。

実は、私も精神的に追い込まれてしまい、仕事なんてどうでもいいという状況になってしまったときに、「一回会社から離れて(休職)して、仕事がやりたいと思えたときに戻ってきたら?」といわれた経験があります。

そのときは、休職する意味が理解できなかったのですが、しばらくしてからあのとき会社と距離を置くことができていたら、自分にとって仕事って何だろうということに気が付くことができたのかもしれないと思うようになりました。

私の場合、休職ではなくて退職することを選んでしまったのですが、休職をして自分にとって仕事ってどんな存在なんだろうということをゆっくり考える時間を作ってみるのも1つの方法だと思います。

頑張っているのに報われないあなたができる対処法

頑張っているのに、あなたが今報われないでいるのだとしたらそれは環境が悪いのです。
仕事がどうでもいいと感じているのなら、仕事だと割り切ってみたり、あなたが本当にやりたいことに挑戦したりしてみましょう。

今の自分にできることを実際に行動に移す

頑張っているのに、報われないと感じたときは、今のあなたができることを実際に行動に移してみましょう。
今までいくつかご紹介してきましたが、「休みをとって好きなことをする」「異動届を出す」「プライベートを充実させる」などです。

これはできない、これは難しいと思っていることをやろうとしてしまうと今よりも苦しくなってしまいます。
今のあなたができることから始めてみることが大切です。

努力が報われない本当の原因を考えれば対処法が見えてくる

せっかく頑張っているんだから、どうせなら報われたいですよね。
努力が報われない本当の原因がわかれば、適切な対処方法が見えてくるようになります。

1. 努力する方向が間違っている
あなたは精一杯努力していたとしても、努力する方向が間違っていることがあります。
「頑張っているのにダメ出しされる」「頑張っているのに評価されない」と感じたときは、自分が努力している方向は合っているのかを一度考えてみるといいですよ。

2. 他の人と比較している
どんなに自分が頑張っていても、他の人と比較してしまうと自分が劣っている気持ちになってしまい、「こんなに努力してもだめなんだ~もうどうでもいい」と感じてしまうことがあります。
そんなときは、誰かと自分を比較するのをやめて、自分にできるベストを尽くすようにしてみてください。
やり切ったという気持ちになると、落ち込むことがなくなってきます。

3. 自分がダメな部分を周りの人に聞いてみる
自分のダメな部分は、自分ではよくわからないんですね。
ちょっと勇気が必要なのですが、自分のダメなところを周りの人に聞いてみましょう。
ダメなところを知るのは怖いことですが、悪いところがわかれば改善することが可能です。

仕事の価値は自分で決めよう

仕事の本当の価値を決められるのはあなただけなんですね。
なぜなら、感情はひとりひとり違うので、あなたの感情はあなたしか感じることができないからです。

だからといって、仕事なんてどうでもいいと思っているからいい加減な仕事をしてもいいということではありませんが、せっかく、努力をして頑張っているんだったら、正当な評価を受けて努力が報われることが大切です。
頑張って結果が認められれば、仕事にやりがいが感じられるようになりますよね。

仕事なんてどうでもいいと思いながら仕事をしても、仕事が楽しいと思って仕事をしても仕事をきちんとやっているのであればぜんぜん問題はありません。

でも、嫌な気持ちで仕事をするよりも、努力が認められて正しく評価されて仕事ができたらいいですよね。

まとめ

仕事なんてどうでもいいと思って仕事をしていても、しっかり仕事をしているのであれば問題はないというお話をしました。
あなたの感情は、仕事の質には直接は関係がないからです。

でも、一生懸命努力をしているのに、努力が報われなくて仕事がどうでもいいと思ってしまっているとしたら、それはもったいないです。

努力が報われるための方法についていくつかご紹介してきましたので、これだったらできそうだなと思うものから試してみてくださいね。

 

 

 

他にも知りたいことがあったら検索してね!

 

CLOSE
▶ 閉じる
目次
▶ 閉じる
目次