メンタルを鍛える方法20!気弱すぎて心配といわれた私が試したこと

「嫌なことがあるとすぐに落ち込む」
「どんなことからもすぐに逃げ出したくなる」
「メンタルが弱すぎて生きづらい」

日々の生活の中で、落ち込んだり悲しくなることは誰にでもあることですよね。
でもメンタルが弱い人は普通の人以上に落ち込んで、最悪身体を壊してしまうことも…

【画像】仕事がつらい

私の場合、自分が落ち込んでいたりすると、子どもにもマイナスな気持ちが伝染してしまわないか不安になってしまいます。
子育てはいつも子どもとニコニコ笑っていたいのですが…

私は幼少期から
「メンタル弱すぎる!」
「気弱すぎて心配!」
と散々言われながら育ってきました。

だから人一倍、落ち込みやすいのです。

そんな自分が嫌で、必死にメンタルを鍛える方法を試してきました。
おかげで今は、昔よりはポジティブになれたとおもいます。

幸せを感じる時間もちょっと増えました。
なんだかずっと損していた気分です。

私と同じように、今の損している人って多いのではないでしょうか。
そんな人にも、鍛えてポジティブになって欲しいなと思いました。

そこで今回は、

幼少時代から

「メンタルが弱くてストレスに弱い、弱すぎる」
「この子大丈夫なんだろうか」

とまで言われた私りさが、

メンタルを鍛えるために調べたり試したことを、次の内容でご紹介いたします。

  • あなたはどう?メンタルが弱い人の精神的特徴
  • メンタルを鍛える方法10選!内面編!
  • メンタルを鍛える方法10選!行動編!
  • メンタルトレーニングを学ぼう!

メンタルを少しでも鍛えたい!

そう思っている方はぜひ参考にしてみてくださいね!

この記事の目次[見る!]

※目次の詳細を[表示]※

豆腐メンタルって?メンタルが弱い人の精神的特徴

【画像】メンタルが豆腐のように弱い人の特徴は?

最近はメンタルが弱い人のことを『豆腐メンタル』なんて例えたりしますね。
とても失礼ですね…

そんな豆腐ほど弱いメンタルを持つ人は(失礼ですね!)、
どのような特徴があるのでしょうか。

効率的にメンタルを鍛えるためにも、まずは自分を分析することが大切です。

メンタルが弱い人の特徴

  • 自意識過剰な面がある
  • 繊細だといわれる
  • 基本的にネガティブ
  • プレッシャーに弱い
  • あがり症である

こんな人が、メンタルが弱い傾向があるようです。
過去の私は、全部当てはまっていました。
あなたはどうでしょうか?

では一つ一つ、簡単に見ていきましょう。

自意識過剰な面がある

メンタルが弱い人に多いのが、こちらの自意識過剰タイプだと思います。
周りが小さな声で話しているのを見ると「私のこと見て笑っているのかな」とか、「私の悪口言っているんだ」と勝手に思い込んでしまうのです。

実際には誰もアナタのことを話にも出していないのに、自意識過剰になってしまうとすべてを悪くとらえてしまいます。

そんな風にいつも周りを気にして生きていたら、とても生きづらいと感じてしまいますね。

繊細だといわれる

繊細過ぎるというのも、メンタルが弱くなる原因です。

些細なことに怯えて、不安に感じたり泣いてしまったり。
繊細さは時に人に良い面をもたらすこともありますが、度が過ぎると臆病者。

あまり気にしないで良いことまで気になってしまい、考え込んでしまうのも特徴です。

基本的にネガティブ

ネガティブな人は自分の身に起きたことすべてを、マイナス思考に考えてしまいます。
結果や未来がどうであれ、すべて「ああしなきゃよかった。」「また失敗しちゃう」と後ろ向きに考えてしまいます。

せっかくうまくいっているように見えても、ネガティブな感情を出しすぎて失敗につながってしまうこともあります。

失敗を恐れるあまり、失敗を作り出しているということに気が付くべきかもしれません。

あと布団に入った後、失敗したことを思い出して寝られないことありますよね…
私もいつも、寝不足でした。

そんな時に試した方法を記事にしてあるので、後でチェックしてみてくださいね。
今すぐ寝たい 眠れない夜に寝る8つの方法

プレッシャーに弱い

プレッシャーをかけられたときに、自信をもって行動を起こせる人と、そのプレッシャーを負担に感じてしまう人とではどちらが良いでしょうか。

周りからのプレッシャーや期待を武器に変えられる人は、とても強いメンタルの持ち主だと思います。

見習いたいものですね。

あがり症

人前で話したり、初めての場所で必要以上にあがってしまう…
こんなケースは、メンタルが弱い人あるあるかもしれません。

「緊張」は人が生きていくうえで必要なことです。
でも度を越してしまうと、お腹が痛くなってしまったり汗が止まらなくなったり辛いですよね。

そんな上がり症な人でも、メンタルトレーニングで克服できるようになると言われています。
メンタルを強化して上がり症を克服しましょう。

毎日が修業!メンタルを鍛える10の方法!内面編!

前の章では、メンタルが弱い人の特徴を挙げてみました。
自分に当てはまるものはあったでしょうか?
メンタルを鍛える最初の一歩は、自分の状態を知ることなので、しっかりと分析してみてくださいね。

それでは、メンタルの弱い人が強いメンタルを持つにはどのような方法があるのでしょうか。
子どもがいるパパ・ママは、子どもに影響してしまう前に、早めにメンタルを鍛え上げたいですよね。

そう考えて私は、本を読んだりネットで調べていくつかの方法を試しました。
その中で今も実践しているものが10個あります。

今実践している10の方法

  • 1、ポジティブを癖付けよう!
  • 2、スモールステップで自信をつける!
  • 3、「なんくるないさぁ」精神を身に着けよう!
  • 4、自分のコンプレックスを魅力に変えよう!
  • 5、毎日自分を褒めよう!
  • 6、他人と比べない!嫉妬しない!
  • 7、失敗好きになろう!
  • 8、人の目を気にしない!
  • 9、悪いところを素直に認める強さを持とう!
  • 10、成功する姿をイメージしよう!

内容はだいたい予想できてしまいますね。

でもとても大事なことだと思うので、一つずつ紹介していきますね。

1、ポジティブを癖付けよう!

【画像】ポジティブを癖付けよう!

ネガティブな人に「ポジティブになろう!」と言ってもいきなりは無理な話です。
メンタルが弱い人も、好きでマイナス思考になっているわけではありませんよね。

それでもプラス思考になるためには、『アナタが何に対して、ネガティブ思考になるのか』ということについて考えてみてください。

昔大きな失敗をしてしまったから?
挑戦しようとすると毎回誰かに邪魔されてきたから?

なぜマイナス思考になるのかを明確にします。

ネガティブ思考が根付いている人は、昔から必要以上に失敗を恐れすぎていたり、期待することを避けているのです。

期待して裏切られたり…
成功してほしいことが失敗したり…

そういったことが怖いのです。

まずは、いつもの癖でネガティブ発言が出てしまったときに、それを無理やりポジティブに変換することから始めてください。

本当に無理やりで構いません。
【画像】無理やりにでもポジティブ思考に持っていく

そうやってポジティブに変換する癖をつけていくと、不思議とそれが習慣化してポジティブ思考になっていくのです。

そうすると自分が、物事の悪い面ばかり見ていたことに気が付くはずです。
どんなことにも良い面と悪い面両方備わっています。

悪い面も見ないとダメ?

クソくらえです!
(汚い言葉で失礼!)

良い面だけを感じ取れる人になりたいですよね。

2、スモールステップで自信をつける!

【画像】自信をつけるスモールステップ!

自分に自信をつけてメンタルを鍛える方法、それは小さな成功体験を積み重ねることです。

子育ても同じですよね。
最初はおむつを履かせるだけでも失敗ばかり。
でも何度も繰り返して上手になります。
慣れてくると、動き回る子の片足ずつおむつを履かせるのもお手の物。

どんなことでも小さな成功を積み上げて成長していきます。

これから新しいことにチャレンジする場合は、必ず小さな目標を設定するようにしてください。

  • 今日は職場で〇〇を覚えよう。
  • 明日は職場で△△をやってみよう。

もしくは

  • 明日は早起きしよう。
  • 明後日は早起きして朝ごはんをちゃんと食べよう。

など、本当に小さなことで構いません。

そしてその目標はもちろん失敗しても構いません。
成功するまで根気強く試し、それが成功した時に心から喜んでください。

【画像】できたら精一杯喜んでください

「自分でもやればできるんだ!」と自分に言い聞かせて継続することが大切です。
「どんなに小さなことでもちゃんと成功できた!」と実感することで、自分の自信につながっていきます。

そして自信がついてきたら「前回は成功したから次も成功するかもしれない」と不思議とポジティブに考えられるようになってきますよ。

3、「なんくるないさぁ」精神を身に着けよう!

【画像】「なんくるないさぁ」精神を身に着けよう!

沖縄の方言「なんくるないさぁ」を知っていますか?
意味は「なんとかなる!」です。

この精神ってとても大切で、スペイン語由来の「ケセラセラ(なるようになる)」という言葉も様々なアーティストの歌詞に出てきます。

「なるようになる、なんとかなる」は人生を適当に考えているわけではなく、考えすぎたって意味がない、人生はなるようにしかならないから悩むのは終わりにして前を向こうという意味が込められています。

過ぎてしまったことは後悔して悩んでいても意味がありません。

そんなときはこんな↓↓感じで
【画像】「なんくるないさぁ」
「なんくるないさぁ」や「ケセラセラ」を心の中で呟いて気楽に考えるようにしましょう。

4、自分のコンプレックスを魅力に変えよう!

【画像】自分のコンプレックスを魅力に変えよう!

もしも自分に対してネガティブな感情が湧いてきたら、それにすべて「力」や「術」という言葉をつけるのが効果的です。

例えばこんな言葉

  • 物覚えが悪い – 忘れる力
  • 現実逃避癖 – 逃避術
  • 飽きっぽい – 三日坊主力
  • ネガティブ – ネガティブスキル
  • 面倒くさがり – 後回しの術

どうですか?
「力」や「術」をつけるだけでなんだかすごい魅力的になりませんか?

人間は1つのことを極めれば何においても達人になれます。
あえて自分のコンプレックスを極めるということは、自分を受け入れるために有効です。

忌々(いまいま)しかった自分のコンプレックスが、なんだか誇らしく感じますね。

小さなことに魅力を感じるのは、メンタルを向上させるうえでとても重要なんです。

5、毎日自分を褒めよう!

【画像】毎日自分を褒めよう!

メンタルが弱い人は自信がない人が多いのも特徴です。
自信に満ち溢れている人はまず自分が大好きで、どんな欠点も受け入れることが出来ています。

アナタは自分の短所と長所をいくつ言えますか?
短所と長所どちらを多く言えましたか?

自分の子供には自分の長所をたくさん言える子に育ってほしいですよね。
それならママも自分の長所をたくさん探すべきです!

まずは自信をつけるためにも、毎日1つだけでも自分を褒めるようにしてください。

例えばこんな誉め言葉

  • 今日はいつもより家が片付いてる!掃除上手!
  • 御飯が美味しくできた!料理上手!
  • 家族に笑顔で「行ってらっしゃい」できた!笑顔上手!
  • なんか今日いつもより上手にメイクできた!メイク上手!

とても、小さなことで構いません。
必要以上にナルシストになる必要はありません。

でも自分に自信をつけるには、自分を好きになって褒めるのが一番!

【画像】少しでも良く出来たら、自分をほめよう

そして自分を褒める癖がついたら、自分の家族のことも一日一回褒めてあげてください。
人の良いところを探せる人は、心に余裕を持っている人ですよ。

6、他人と比べない!嫉妬しない!

【画像】他人と比べない!嫉妬しない!

メンタルを鍛えるうえで大切なこと、それは他人と比べたり嫉妬しないこと。

「妬み・ひがみ・嫉み」は人間の感情の中で一番醜い物だと言われています。

誰かをねたんだり、うらやましがったってその人になれるわけではありません。
そんな時間があったら、自分のために使うのがベストです。

上を目指したらキリがありません。
まずは自分の身の回りに目を向けて、小さな幸せを見つけることから始めましょう。

7、失敗好きになろう!

【画像】失敗好きになろう!失敗は成長するチャンス!

失敗は好きですか?
嫌いですか?

そう聞くとほとんどの人が嫌いと答えるはずです。

でも失敗は次の成功の元!
失敗を上手に活かすことが出来ると、確実にステップアップしていくことが可能なんですよ。

今の私は、失敗することが大好きです。
正確には失敗した後に何が悪かったのか、次はどうするべきか考えている時間が好きです。

一つ失敗して、次に成功すると、精神面ですごく成長できた気がするんですよね。

失敗した時は、

「失敗しちゃった」
【画像】失敗しちゃった
でネガティブな気持ちは終了。

次はどうすればいいのか、ポジティブに考えてくださいね。

8、人の目を気にしない!

【画像】人の目を気にしない!

自意識過剰なタイプの人は、どうしても周りの目が気になってしまいますね。
でも実際には、自分が思っているよりも他人が見ていない事の方が多いんです。

自分に自信を持てるようになれば、ありのままの自分を好きになることが出来ます。
自分を好きになることが出来れば、わざわざ周りの目を気にしなくなります。

まずは自分だけを信じて、自分で自分を認めてあげることから始めてください。

9、自分が悪いところを素直に認める強さを持とう!

【画像】自分が悪いところを素直に認める強さを持とう!

自分の欠点を探して「力」や「術」をつけると、コンプレックスもなんだか愛おしく感じます。

それと同じで、まずは自分の何がいけないのか、なぜメンタルが弱いのかをしっかりと考える時間を取ってください。

自分の悪い面から目をそらし続けている人は、それ以上成長することができません。

テストでもそうですよね。まずは間違い箇所を探して、自分が弱い部分を集中的に克服します。

失敗しても大丈夫です。次に良い点を取ることが出来ればよいのです。

まずは自分とちゃんと向き合って悪いところに目を向けてください。
自分の悪い面を探して克服できる人は、メンタル面でも強くなれますよ。

10、成功する姿をイメージしよう!

【画像】成功する姿をイメージしよう!

スモールステップで段階を踏むのと同じで、小さな成功体験を積んだり、それを成功させるイメージを習慣づけることはとても大切です。

メンタルが弱い人はどうしても、過去の失敗体験を記憶の奥から引きずりだして「挑戦しない理由」を作ります。

だれでもいきなり挑戦するのは勇気がいります。
なのでまずは、その恐怖を乗り越えて成功した姿をイメージすることから始めてください。

  • 恐怖を乗り越えて挑戦する。
  • 勇気を出してチャレンジする。

試してみると、『思っていたより簡単だった』ことって意外と多いものです。

まずは成功をイメージすることを習慣づけてくださいね。

毎日が修業!メンタルを鍛える10の方法!行動編!

先ほどは精神面からメンタルを鍛える方法を紹介しました。
次は行動面から鍛える方法を紹介します。

今も実践している10の方法

  • 1、とにかく行動しよう!
  • 2、毎日無理やり笑顔を作ろう!
  • 3、胸を張って姿勢を正そう!
  • 4、自分磨きに専念しよう!
  • 5、スポーツや習い事を始める!
  • 6、あえて過酷な現場に飛び込む!
  • 7、メンタルを鍛える名言集や本を読もう!
  • 8、強い誰かを演じてみる!
  • 9、メンタルが強い人を観察しよう!
  • 10、苦手な人やものにチャレンジしてみよう!

行動が変われば、不思議と内面もついてきます。
メンタルを鍛えるための行動を習慣づけてくださいね。

1、とにかく行動しよう!

【画像】行動力を身に付けよう!

メンタルを鍛えるには行動力を身に着けるのも良い方法です。
例えばメンタルが弱かったり臆病な人は、気になることや場所があっても、不安要素をたくさん思い浮かべて結局行動することをあきらめてしまいます。

でも、メンタルが強く行動力がある人は、考える前にまずは動き出しています。

何か気になることを見つけた時は、後先考えずまずはチャレンジしてみてください。
一歩踏み出す勇気を出せれば、次の一歩も軽くなりますよ。

2、毎日無理やり笑顔を作ろう!

【画像】毎日無理やり笑顔を作ろう!

笑顔。人生を楽しく生きるうえでとても大切です。

私は今でも毎日実践しています。
どんなにつらいことがあっても、鏡の前や家族の前で無理やり笑顔を作ると、なぜか本当に楽しくなってきてしまうのです。

体調がすぐれない時や疲れてイライラが貯まっているときこそ、鏡の前で笑顔を作るようにしています。

学生時代働いていたアルバイト先が、とにかく「笑顔」に厳しくて、いつも次のように指導されていました。

『新人の仕事はもっぱら笑顔を作ること!』

そんなバイト先で働いたおかげで、無理にでも笑顔を作ることの大切さを学びました。

最初は作り笑いで引きつっていた笑顔も、いつの間にか心から笑えるようになります。

まずは、作り笑いでも構いません。
イライラしたり嫌なことがあったときこそ、笑顔を作ってみてくださいね。

【画像】無理やりでも笑おう

ママがいつも不安な顔をしているよりも、ニコニコ笑顔の方が子どもも喜びますからね。

3、胸を張って姿勢を正そう!

【画像】胸を張って姿勢を正そう!

自信がないと、どうしても猫背になって背中が丸まってしまっていませんか?
そんなアナタの姿は周りから見ても自信のなさが一目瞭然です。

普段からデスクワークをしていたり、抱っこ紐で赤ちゃんを抱いていると勝手に背中が丸まってきますよね。

意識して姿勢を正すことが難しければヨガや腹筋、背筋を鍛えることがオススメです。

姿勢を正すと、自分の気持ちだけでなく周りからの印象も変わります。
慣れるまでは少し大変だと思いますが、まずは1日だけででも試してみてくださいね。

私が幼少期の時もすごく猫背だったのですが、母にしつこく2年くらいかけて強制されました。

胸を張るだけで不思議と自信が湧いてくるなんて不思議な話ですが、猫背になって下を向いて歩くよりは断然良いですよね。

不安で自信がないときこそ胸を張って姿勢を正してみてくださいね!

4、自分磨きに専念しよう!

【画像】自分磨きに専念しよう!

自分に自信をつけるためには自分磨きが良いですね。
自分を磨いて自信がつくと、堂々とした振る舞いができるようになります。

自信をつけるのはメンタルを鍛える上でとても重要です。

自分磨きには内面を磨く方法と外見を磨く方法があります。

自分磨き内面編

  • 資格を取る。
  • ニュースや自治問題を勉強する。
  • 習い事をする。
  • 語学を学ぶ。

自分磨き外見編

  • ダイエットをする。
  • エステに通う。
  • 髪形やメイクを変えてみる。
  • 脱毛する。

色々あるので、試してみてくださいね。

5、スポーツや習い事を始める!

【画像】スポーツや習い事を始める!

スポーツや習い事を始めるのも、メンタルを鍛えるのに効果的です。

いきなり厳しいチームや難しい習い事を始めると、挫折しやすくなります。
まずはスモールステップでサークルやクラブに加入して、趣味程度で始めるのがいいですね。

さらに精神面と身体面はつながっていると考えられているので、体を鍛えたり丈夫にすることで精神的にも強くなることがあります。
メンタルを鍛えるには筋トレが良いと言われていますが、それと同じです。

身体が弱く体調を崩しがちな人よりも、心身ともに健康な人の方がメンタルも強いイメージがありますよね。

スポーツに限らず、何に対しても一つのことをあきらめずに継続するのはアナタをとても強くしてくれます。
お子さんが好きなスポーツに一緒にチャレンジするのも良いですね!

6、あえて過酷な現場に飛び込む!

【画像】あえて過酷な現場に飛び込む!

これは一種の荒療治なのですが、あえて過酷と言われる状況に自分をおくことで、仕方なくメンタルを鍛える方法です。

小さいときからメンタルが弱かった私は、なぜか学生時代からこの方法を試しまくっていました。

私が試したメンタルを強制的に鍛える荒療治

  • 地元で厳しいと有名な居酒屋でアルバイトする。
  • 留学に行く。
  • 仕事が決まっていない状態で大阪に移り住む。
  • 電話嫌いを克服するためにコールセンターに就職する。

すべて自ら過酷な状況に行くことで、自分を追い込んでいます。
これは本当に人によるとは思いますが、私は結果的に本当にメンタルが鍛えられました。

頼れる人もいない場所では自分で何もかもやるしかありません。
新しい場所で様々な人に出会い、経験を積むことは必ず自分を成長させてくれます。
少なくとも私は、そう思っています。

まずは自分にできそうなことから試してみてくださいね。

7、メンタルを鍛える名言集や本を読もう!

【画像】メンタルを鍛える名言集や本を読もう!

メンタルを鍛える本というと、心理学の本や自己啓発本などでもよいですね。
インターネットでも検索してみると、心に響く名言集がたくさん出てきます。

私は留学前に不安に押しつぶされそうになった時、偶然本屋さんで見つけた言葉に勇気付けられたことがあります。

その言葉は
『恐怖がなければなにをするだろう』
です。

人間には「恐怖」という感情があって、何をするのにも怖気づいたりチャレンジすることをあきらめてしまいます。
でも動物にはそれがありません。

動物のように人間にも「恐怖」という感情がなければ、どんなことにだってチャレンジすることが出来るのではないかという言葉です。

この言葉が当時の私にピンポイントに響いて、今でも座右の銘です。

この言葉を知ったから、初めての地アメリカで不安があっても、心の中で「恐怖さえなければどこにでも行ける!」と繰り返し、どんなことにも乗り越えることが出来たのです。

ちなみに、その本はこちら
チーズはどこへ消えた?
チーズはどこへ消えた?
著者:スペンサー ジョンソン

トップ企業が次々と社員教育に採用している自己啓発本です。
読むと読まないでは、人生が変わるそうですよ。
Amazonで確認してみる

人生では、必要な言葉が必要な時に目につくようになると言われています。
メンタルを強くしたいと願う今こそ、普段読まない本やテレビの中からヒントとなる言葉が届くかもしれません。

もしかすると、お子さんの見ている絵本やアニメの中から、そんな言葉を見つけるかもしれませんね。

8、強い誰かを演じてみる!

【画像】強い誰かを演じてみる!

アナタには尊敬する人やあこがれの人はいますか?

たとえば学校の恩師でも構いませんし、テレビの中のタレントさんでも構いません。

ここではできるだけポジティブでいつも明るい笑顔の人をイメージしてみてください。
そして、その人になりきって生活を送ってみてください。

強い人になったつもりで演じてみると、意外とその生き方が楽に感じるかもしれません。

たとえば、「仕事の時だけ〇〇になる!」とか、「子どもに注意するときは〇〇になる!」でも構いません。

自分の理想とする人をできるだけイメージして演じてみてくださいね!

9、メンタルが強い人を観察しよう!

【画像】メンタルが強い人を観察しよう!

次は、アナタの身の回りにいるメンタルが強い人を観察してみてください。

友達でも家族でも職場の人でも構いません。

「この人なんでこんなにポジティブなんだろう」とか、
「この人悩みあるのかな」と不思議に思うくらい元気な人っていますよね。

そんないつもニコニコ、ポジティブな人を観察してみると意外な発見があるかもしれません。

私の場合は、職場の同僚です。

いつもポジティブでメンタルが強い同僚を観察してみたら、いろいろな発見がありました。

僚を観察して発見したこと

  • 理不尽な上司に怒られているときは右から左に流している。
  • 仕事のクレームは会社に対してで、自分にではないと割り切っている。
  • 失敗しても反省はするけど落ち込んでいない。

もう目からうろこでした。

私の場合は、会社に対してのクレームでも、すべて自分のせいだと受け止めて落ち込んでしまいます。
でも、同僚は真逆です。
どんなに理不尽なことを言われても、気にしません。

気にしてもどうにもできないことは、丸っきり気にしないのです。

仕事で失敗した後も笑っていられる同僚が不思議で仕方なかったのですが、「しっかりと反省はして次に活かす」、「その場でグズグズ引きずらない」、そんな考え方をしているようでした。

こんな強靭なメンタルを持っていたら、毎日ニコニコ楽しいだろうなと感心。
本当に私が目指すべき人です。

アナタの周りにも鋼のメンタルを持っている人はいませんか?
すぐに探して観察とインタビューをしてみてくださいね!

10、苦手な人やものにチャレンジしてみよう!

【画像】苦手な人やものにチャレンジしてみよう!

メンタルを強くするには、やはり苦手な人や苦手なものにチャレンジするのが一番です。

例えば…

  • 職場の苦手な人に毎日話しかけて、共通点を探して仲良くなる。
  • 人前で話すのが苦手なら、スピーチコンテストに申し込む。

苦手なものを克服するには、もうガッツリその世界に溶け込むのが一番。

私の場合は上でも書きましたが、社会人時代にとても苦手だった電話業務を克服するためにコールセンターに就職しました。
荒波にもまれたためか、普通の電話くらいは平気になりました。
逆に今では電話業務が大好きです。

他にも挙げてみると…

  • 料理嫌いを直すために料理教室へ。
  • 虫嫌いを克服するために昆虫博物館へ。
  • 野菜嫌いを克服するためにベジタリアン食に。
  • 人見知りを克服するためにサークルやボランティアへ!

嫌いなことを克服できた時、今までとは違う自分に生まれ変わった気分になれます。
少し大人になれたような、メンタルも強くなったように感じます。

ぜひアナタも嫌いなものを克服してみてくださいね!
嫌いなものに立ち向かうのはメンタル強化にも抜群です!

医学の力で精神力アップ!メンタルトレーニングを学ぼう!

メンタルトレーナーやメンタルトレーニングという言葉をご存知ですか?
近年スポーツ選手のメンタルコーチが、よくテレビで取り沙汰されるようになりその知名度も上がってきています。

メンタルトレーナーとは、クライアントのメンタル面を向上させスポーツや仕事に対して最高のパフォーマンスを発揮できるよう精神面をサポートする職業です。

最近ではメンタルトレーナーという民間資格としても認知度があがってきています。
そんなメンタルトレーニングを極めることによって、自らメンタルを鍛えることが出来ればとても良いですよね。

ここではメンタルトレーニングの活用方法をご紹介します。

メンタルトレーニングを受ける!

それでは、メンタルトレーニングを活用するにはどうすればよいのでしょうか。
様々な活用方法を調べてみました。

・メンタルコーチの本を読む

最近ではメンタルトレーナーやトレーニングで検索をすると、メンタルコーチを職業としている人の書籍がたくさん出てきます。
そのほかにもトレーニング用のDVDや動画もアップロードされているほど。

インターネット上で検索するだけでもメンタルトレーニングを受けられる時代なのかもしれません。

気になる人は、一度本屋さんなどでメンタルトレーニングの本を探して読んでみて下さいね。

・カウンセリングを受ける

メンタルトレーニングを活用するには、実際にトレーナーについてもらってメンタルトレーニングを受けるのが一番です。

自分の力でどうにもできないことには思い切って専門職の人に頼るのが一番です。

そこで本場のメンタルトレーニング法を学ぶことが出来れば今後の実生活に活かせること間違いなし。

・通信講座

私も気になったので、どのような場所でメンタルトレーニングが受けられるのか調べてみました。

すると、大手通信講座ユーキャンにメンタルトレーニングの講座を発見しました。
この講座は、メンタルトレーナーを育成するための講座ではなく、文字通りメンタルトレーニングを受けることが出来る講座です。

メンタルトレーナーの指導の下、ポジティブ思考を身に着けたり、ストレス対応力をつけたり段階ごとに弱点を克服していくことが出来ます。
完全在宅で受けることが出来るのも魅力です。

さらに、臨床心理士などの資格を持つメンタルトレーナーと直接電話で話し、カウンセリングを受けることもできるようです。

この講座は39,000円で受けることが出来ます。
気になる方は調べてみてくださいね。

メンタルトレーナーを目指す!

メンタルトレーニングを実際に受けた後は、メンタルトレーナーになる勉強をしてみるのはいかがでしょうか。

より専門的な分野を学ぶことで強靭なメンタルを習得することが出来るようになります。

・メンタルトレーナーとなり、自身のメンタル力を強化!

メンタルトレーニングをただ受けるのとは違い、メンタルトレーナーとして自分と向き合うことが出来れば、困難にぶつかったときも冷静に判断して行動に移すことが出来るようになります。

さらにトレーナーになることのメリットは、自分のことだけでなく家族のことも、また同じようにメンタルで悩む人を助けることもできるようになることです。

・専門学校や通信教育で学ぶ方法

メンタルトレーナーになるためには専門学校や大学で学ぶ必要があります。

講座を受けるだけで取得できるものから、大学の心理学を受講する必要があるものまで様々です。

メンタルトレーナーの資格を取得することが出来れば、今後メンタルトレーナーとして仕事に活かすことも可能です。

気になる人はぜひメンタルトレーナーの資格について調べてみてくださいね!

まとめ

今回は、メンタルを鍛える方法を20選ご紹介しました。

嫌なことや辛いことがあるとどうしても悩んだり落ち込んだりしてしまうものですが、メンタルを鍛えることによって、それらを笑って流せるようになればとても楽になりますよね。

あまり深刻に考えすぎず、毎日少しずつ前向きにチャレンジしてみてくださいね!

あと失敗した後って、後悔が止まらなくて夜眠れないってことありますよね。
そんな時に、眠れる方法をこちらで記事にしてあります。
一度見チェックしてみてくださいね。
今すぐ寝たい 眠れない夜に寝る8つの方法

 

 

 

他にも知りたいことがあったら検索してね!

 

CLOSE
▶ 閉じる
目次
▶ 閉じる
目次