意外に重要な履歴書の通勤時間の書き方

「職場までの通勤時間…近所だから適当でいいよね?」
と思っていませんか?

実は履歴書の通勤時間欄には正しい書き方があって、面接担当者はしっかりと確認しているんです。
適当に書いてはいけないんです。

そこで今回は履歴書の通勤時間についての正しい書き方、また採用側が通勤時間をどう見ているかについてについてお伝えします。

これから就活、転職、パートなど履歴書を書く方はぜひ参考にしてくださいね。

履歴書の通勤時間の基本な書き方

履歴書の通勤時間にはきちんとした定義があります。

履歴書の通勤時間の定義

自宅から職場までの「片道」にかかる時間

電車、バス、徒歩、自転車と複数の移動手段があっても、全て含めた片道にかかる所要時間です。
往復時間や、電車に乗っている時間だけを記入しないように注意してくださいね。

履歴書に通勤時間を書くときのルール

次にもう少し詳しく、履歴書に書く通勤時間についての基本的なルールをご紹介します。

基本ルール1:家から職場までのドアtoドアで書く

上の定義でも述べましたが、通勤時間は家から職場までの片道の所要時間です。
また、家から職場まで移動手段が複数であった場合も、合計した片道時間を記入します。

記入した通勤時間、採用者側は片道と認識していますので注意してくださいね。

基本ルール2:5分単位で書く

細かすぎると、採用担当者に「几帳面すぎる人」という印象を与えてしまいます。

時間は、5分単位で記入しましょう。
例えば片道時間が43分なら40分、28分なら30分と端数を切り捨てて、四捨五入して書きます。

また、通常でかかる時間をきちんと書くのもポイントです。

・電車が遅延したらこれくらいだろう
・健康のために一駅歩きたいから増やそう
・保育園や幼稚園へ送ることもあるだろうから多めにしておこう

など、イレギュラーや通勤以外にかかる時間は記入しないようにしましょう。

基本ルール3:交通手段を書き添える

履歴書の通勤時間欄内に、「交通手段」を記載する箇所はありませんが、余白部分に書き添えると丁寧さが伝わります。
移動手段が複数の場合は、移動手段順に書いていきましょう。

例えば

(1) 最寄りの駅まで歩く(5分)
(2) 電車で勤務地の最寄り駅まで行く

この場合は「徒歩、電車」と書きましょう。

通勤時間

徒歩、電車

約 0 時間 45 分

車通勤の場合は、「自家用車」と記入しましょう。

通勤時間

自家用車

約 0 時間 20 分

基本ルール4:1時間未満の場合は0を記入

通勤時間が1時間未満の場合は、時間の部分に「0」を記入します。
これは時間を書き忘れていないという証拠になります。
また、改ざん防止にもなります。

通勤時間

自転車

約 0 時間 15 分

基本ルール5:通勤ルートが複数ある場合は最短ルートを書く

通勤ルートが複数ある場合、一番早い交通手段の所要時間を記入しましょう。
ただ、特別料金のかかる新幹線や特急電車などを利用する場合は、利用しない場合の通勤時間を「本人希望記入欄」に書くとより丁寧です。

通勤時間

新幹線、徒歩

約 1 時間 00 分

本人希望記入欄

新幹線を利用しない場合の通勤時間は、約1時間30分となります。

通勤時間が変わるときの書き方

ここでは、通勤時間が引越しで変わる予定だったり、勤務地候補が複数の場合など、変則したケースがある場合の書き方についてご紹介します。

引越しが決まっている場合

通勤時間

新住所より(⚪︎月×日転居予定)電車、徒歩

約 0 時間 30 分

引っ越すことが決定している場合は、新住所からの通勤時間を書いておきましょう。
引越しする日が決まっていれば、一緒に書いておきましょう。

例文のような補足がない場合、採用者は現住所欄を見てしまい、誤解が生じます。

また、面接日と引越しする日が近い場合は、現住所欄に新住所を記入するのが一般的です。
その場合は、通勤時間欄にこの例文は記入しなくても良いでしょう。

採用が決まったら引越しを視野に入れている場合

通勤時間

採用いただけましたら通勤可能エリアへ転居予定です

約 ー 時間 ー 分

採用が決まった場合に引越しを検討する人も多いかと思います。
地方から都心へ、またUターン転職者などが考えられますね。

そういった場合、通勤時間がわかりませんので、時間に関して書く必要はありません。
しかし空白は記入漏れとみなされてしまいます。
横線(ー)を記入しておきましょう。

下記のように、通勤圏内の時間を書いておいてもいいですね。

通勤時間

採用いただけましたら通勤可能エリアへ転居予定です(30分圏内)

約 ー 時間 ー 分

勤務地が複数・配属先が未定の場合

通勤時間

⚪︎⚪︎店勤務の場合

約 0 時間 35 分

支店、支社、店舗などが複数あって、どこへ勤務するかわからない場合などは、希望勤務地へ出勤する場合を想定して通勤時間を書きましょう。
補足を入れておくことで、会社にどこの地域で配属を想定しているのかを伝えられるという効果もあります。

通勤時間が不明な場合の調べ方

希望する職場の通勤時間がわからない場合は、地図アプリやWebサイトで簡単に調べられます。

無料の地図アプリで有名なGoogleマップが便利です。
出発地点の家から到着地点の勤務地までの最短ルートと時間を確認することが可能です。

車や自転車、徒歩などもアイコン選択で時間を詳細に調べることができますよ。

また電車に乗っている時間がわからない場合は、Yahoo!路線情報やNAVITIME(ナビタイム)というアプリで、乗り換え時間も含めた時間を調べることができます。

本当に不安な方は、実際に移動して時間を調べてみるのもいいかもしれませんね。

通勤時間が長いと不利なのか

企業の採用側が業務に支障がないと考える時間は、一般論で90分(1時間半)だそうです。
また、通勤時間が長いと下記のような不安や懸念点があるそうです。

長時間通勤についての懸念点

・体力的に負担になって業務に支障が出ないか
・急な出勤をお願いしづらい、お願いできても時間がかかる
・終電が早いので長時間の残業が厳しい

さらに、採用側は通勤時間について次のようなことを考えています。

採用枠が限られた場合は判断材料になる

応募者が2人いて、採用枠が1名しかいない場合を想定してみましょう。
2人とも能力や人物像も同じ場合で、どちらかの通勤時間がとても長かったら、通勤時間は検討材料になってきます。

交通費がかかりすぎないか

通勤に必要な交通費は企業が支給するのが一般的ですが、上限金額を儲けている場合が多く、超えてしまう場合、足りない分は自己負担になります。

労働者側の気持ちとして、最初は納得していても、次第に不満がたまってくることが多いです。
企業側は、将来的に不満に感じる能性がある人を採用するのは、難しいと感じます。

まとめ

企業の採用側にとって、通勤時間は通いやすさや業務に支障がないかを判断する重要なもので、学歴や職歴と同じくらい、重要視していることが多いのです。

書き忘れていると、採用側からやる気がないと捉えられてしまいます。

通勤時間は正確に記入して、採用側にマイナスなイメージを与えないようにしましょうね。

履歴書の通勤時間は、自分をアピールしていける大切な情報です。
決して記入漏れのないように丁寧に書きましょう。

関連記事:

 

 

 

他にも知りたいことがあったら検索してね!

 

CLOSE
▶ 閉じる
目次
▶ 閉じる
目次